teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ホームページを拝見しました

 投稿者:つねさん  投稿日:2013年 9月23日(月)13時53分51秒
返信・引用
  こんにちは。
ホームページを拝見させて頂きました。
素敵なサイトですね。これからも運営頑張って下さい。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイ(あなたの日々の出来事や思っている事)などジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
投稿される作品は新作でなくても構いません。あなたがホームページで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には現在、雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

 
 

こんにちは

 投稿者:ねね  投稿日:2011年 3月 5日(土)14時09分47秒
返信・引用
  ふるる様
こんにちは。
作曲された作品を聴きました。
音楽の才能もおありなのですね。
「うさぎのレストラン」や
「1+・・・・・」がすきでした。
これからも詩や音楽を楽しみにしております。
残念ながら まだいまのところ詩集を手に入れていません。
今年こそはと思っています。 
 
    (ふるるより) ねねさんこんにちは!
いつもながらお返事が遅くなり、申し訳ありません。

曲を聴いていただいてありがとうございました!
挙げていただいた2曲は生みの苦しみを味わいましたのでうれしいです。

詩集は、来年でも、再来年でも、売れ残りまくりですので(笑)ゆっくりお考え下さい。
 

ライトバース

 投稿者:佐伯  投稿日:2010年 8月25日(水)23時25分18秒
返信・引用
  おじゃまします佐伯です、

丁寧なレスを‥
恐縮です(←梨元さん関係じゃないです、本当に恐縮しています。)
ふるるさんって大人ですね、当たり前ですけど、。

遅いですけどライトバースについてです、
ライトノベルやライトバースって、勝手に誰かが(世の中が)分類しているだけで、明確な定義は無いはずです、
個人的には、ふるるさんの散文(見解)は勉強になりました、
だって辞書だと、「ライト-バース [light verse] 内容や文学性よりも形式の妙で人を楽しませる種類の、娯楽的な詩。」ですから(わからないし、なんか違う気が‥)、
なので、様々な解釈があるのは健全な気がします(自分は‥)、ふるるさんの散文を書くきっかけも(想像ですけど)、そういった疑問があったからじゃないでしょうか?
ライトバース系(←んな言葉が存在するのか不明ですけど)、自分は、けっこう好きです。

P.S. 詩集、おめでとうございます(取って付けた様ですけど、心から思っています)。

では、失礼しました。
 
    (ふるるより) 佐伯さん、こんにちは!
こちらこそ、書き込みをありがとうございます。

年齢的には大人ですね(^^)今年からもうアラフォーと言っていられなくなりました。

ライト・ヴァースについては、佐伯さんのおっしゃるとおり、明確な定義はなく、アメリカ
では「詩を書く男はクズ」くらいに思われていた時代があって、さらにその上軽めの詩を書
くのは決死の覚悟がいったようで、でも、そういった詩を愛する人もいて、その人たちが
「いいのあるから、見て!」という気持ちでつけた名称なのだと思いました。
散文を書くきっかけになったのも、カミングズの詩がとてもいいと思ったからです。
つたない文章を読んでいただいて、ありがとうございました。

そして、詩集へのお祝いのお言葉、ありがとうございます!
取って付けた様だなんて思いませんよ(^^)

ではでは。
 

はじめまして

 投稿者:ねね  投稿日:2010年 6月26日(土)09時51分55秒
返信・引用
  ふるる様

はじめまして
詩集の自費出版おめでとうございます
いままではネット上で読むだけでしたが
ファンとしては、なんとか手に入れたいと思っています
これからも作品を楽しみにしております
どうぞお体に気をつけてお過ごしください
 
    (ふるるより) ねねさま
はじめまして。お返事が遅くなり、申し訳ありません。
お祝いのお言葉をありがとうございました。
ファンとおっしゃっていただけただけでも僥倖ですのに、
はわわわ!詩集を手に入れたいとまで。
とてもとても嬉しいです(^^)
お言葉を励みに、これからも頑張っていこうと思います。
ありがとうございました!
 

(無題)

 投稿者:佐伯  投稿日:2010年 6月11日(金)18時50分2秒
返信・引用
  ふるるさん、佐伯です、

補足すると、戦争中のメディアや出版社や作家の作品などに、
個人的に特別な思いが無いということです。
(推測の域を出ないし、わからないので。)

ディテールやスタンスが曖昧なら(無責任な立場なら)、何でも自由に書けるわけで‥
でも、それができないのがノーマルな思考、そんな気がします。
 
    (ふるるより) 佐伯さん、はじめまして。
わざわざこちらへお越しいただいて、書いていただいてありがとうございます。
あの後やはり気になって西條八十の研究本を読み、戦時下での詩作がどのように
行われたか、本人の言葉も読むことができました。あの部分はちょっと冗長ぎみ
だったかもしれません。
また、借りた詩集のことを書くつもりですので、よろしければご覧下さいませ。
 

(無題)

 投稿者:佐伯  投稿日:2010年 6月10日(木)22時04分45秒
返信・引用
  ふるるさん
はじめまして、佐伯というものです、

「借りた詩集 西條 八十全集」を、現代詩フォーラムで読ませていただきました、
戦争(思想傾向)に触れているので、こちらに、

イデオロギーに言及している部分を除いて、勉強になりました、続きを(他の詩人についての散文)楽しみにしています。
 

はじめまして。

 投稿者:ま のすけメール  投稿日:2010年 5月23日(日)02時32分4秒
返信・引用
   はじめまして、ま のすけと申します。
 『グラン パピエ』ともうします文芸全般~ARTまでをごっちゃに詰め込んだミニコミ誌を
 創刊致します。もし、ご興味あれば、どうぞ是非メールにてご連絡下さい。
 ふるるさんの  詩作品・イラストは、かなりじっくり拝見させて頂きました。

http://grand-papier.com

 
    (ふるるより) ま のすけ様
はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
詩やイラストも見てくださって、ありがとうございます!
『グラン パピエ』とても面白そうですね。早速予約させていただきました。
 

あけ…

 投稿者:水瀬史樹  投稿日:2010年 1月12日(火)02時54分36秒
返信・引用
  あ…あけおめましてぇ~…(おそるおそる)

え、えー。
ところで、
トップ画は自画像ですよね!?

御挨拶遅れてしまいましたが、
今年もはんなりよろしうに^^
 
    (ふるるより) 水瀬さんへ

あけましたぁ~えっとなにゆえおそるおそるなのでしょう(笑)
トップ画はもちろん自画像なんてことはなく!
もちろん水瀬さんの女装姿なんてこともなく!
こんな子が彼女だったらええなあ~という妄想でございます。

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:埋透夜メール  投稿日:2010年 1月 2日(土)00時15分32秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
『空想』でご一緒させていただいた透夜です。
ふるるさんの、素敵な、温かい、もっと触れていたいような詩の世界に
今年はもっともっと近づきたい、と憧れております。
どうぞ本年も、よろしくお願いいたします。

http://www4.ocn.ne.jp/~st-seele/index.html

 
    (ふるるより) 埋透夜さまへ

あけましておめでとうございます(^^)
新年早々のご訪問をありがとうございました!
しかもしかも、涙が出そうなくらいありがたいお言葉まで頂きました。
こちらこそ、透夜さんの、独特な、深い美しさのある詩の世界を体験させていただき、
まだまだ精進せねばと思っております。
本年も『空想』でご一緒できますことを楽しみにしております。
 

はじめまして

 投稿者:宮本小鳩  投稿日:2009年11月 5日(木)21時02分57秒
返信・引用
  詩のサイトを辿っていて、こちらにお邪魔しました。
「風見鳩」というサイトをやっております宮本小鳩と申します。
作品を読ませていただきました。どの詩もとても楽しんで書かれているんだな、というのがとても伝わってきました。「雫」の詩はすごいですね!私もこんな風に書けたらと思います。
また寄らせていただきます♪

http://miyakoba.com/

 
    (ふるるより) 宮本小鳩さま

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
詩を読んでいただき、ご感想まで、ありがとうございました!
はい、まずは楽しんで・・・が信条です。
「雫」の詩、遊びの部分をわかっていただけてうれしいです(^^)
またいつでも遊びにいらしてくださいませ。
 

レンタル掲示板
/22