teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


4/23 小牧アルプス

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 4月25日(水)13時17分49秒
  白山の三角点は白山神社の鎮座する山頂ではなく、少し下った鉄塔の近くにあるということは知っていたが、
根がものぐさなもので仲間と別行動したり、確認するために別な日に独り登ってみようとは思っていなかった。

今回の参加理由は二つ。
一つは三角点  参考) http://www.gsi.go.jp/chubu/minichishiki6.html
集合場所が「小牧温水プール」だったので、未確認の白山の三角点を確認できると思ったこと。
と言っても小生「三角点おたく」では決してありません。
二つ目は山菜。
確か4年前、ここ小牧アルプスで、コシアブラ、タカノツメをいっぱい摘んだ覚えがあって今回も……と。
おまけがイワカガミ。
当日、このコースではイワカガミの群生が見られると聞きちょっと楽しみ。
(今年はもう遅いかもと言っていましたが、しっかりと見ることができました)

さて三角点。
確かに鉄塔のそばに埋まっていたが「三級基準点」? しかも「名古屋土木事務所」?
「なんだこれは? 」「違うんじゃないの?」とがっかりしつつも写真を撮る。
しかし暫く10分も登ると保護石4個に守られてホンモノの三角点(点名 野口 223.5m)があった。
そして10分ほど登った白山神社は標高260m。三角点がその山の最高標高とは限らない。
お楽しみの山菜だが、タカノツメはとうにピークが過ぎていて花も咲いている状態。早々に山菜は諦めた。

今回の「大山廃寺跡」コースは2回目だが、通常寺院名は音読みが普通(神社名は訓読み)。
しかしここは「タイサンハイジ」でなく「オオヤマハイジ」と読む。
なぜだろうと思ったのでちょっと帰宅後 Wikipediaを引いてみた。
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E5%BB%83%E5%AF%BA%E8%B7%A1
なるほど正式名:大山峰 正福寺(おおやまみね しょうふくじ)
通称:大山寺(おおやまでら)か。ちょっと納得。

誰が名付けたか「小牧アルプス」「安手奈山」もそう。付けたもん勝ちだー。
西端の白山223.5mから西山277m・本堂ヶ峰276m・天川山(てんかわさん・あまかわやま)281.6m=小牧市最高峰・
東天川山280.8m・東山273m・東端の安手奈山(あんてなやま)273.3m(三等三角点 せん谷)までを呼ぶそうな。


登り直ぐの階段でキランソウ(金瘡小草)と思える野草を見た。
写真に撮っておけばよかったと思ったが、帰りに同じコースを通るからその時でいいやと……。
だが帰路、微妙にコースが違っていて、そこに咲いていると思った階段を探すも見つからない。
解散後、独りキランソウを探しに往路のコースを200m近く辿ると、やっとそこに小さく紫色の花が見えた。
 
 

八木山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 4月22日(日)19時57分45秒
  6人
もう夏か!
と思うぐらい
 

これは 何ですか?

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 4月22日(日)03時39分6秒
  びく石 を登山中に沢山これがありました
ミツバチ関係 かなとも思ったけど
疑問が残ったままでした
知っている方 いませんか?
 

4/19 リレー東海自然歩道19

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 4月22日(日)03時31分43秒
  リレー東海自然歩道19
藤枝市瀬戸ノ谷蔵田-石谷山(びく石山)-八十八石
-玉露の里-朝比奈川-藤枝市岡部町岡部宿
というコースでした
参加4名 8:40-17:00 8時間20分 28,000歩

岡部支所へ車をデポしてタクシーで蔵田へ向かう
蔵田は茶所で綺麗な茶畑がある
標高も高くタクシーでグイグイ登っていった
今はやりの「天空の茶畑」といっても良いだろう
そこに東海自然歩道の本道がある
バイバスコース最後に残ったコースを今日は歩く
田貫湖から始まった140㎞のバイバスも今日で終了
8回に分けて完歩した
次回からは本道のリレー東海自然歩道16清水区西里へ戻る

綺麗な茶畑を下り巡りびく石へ登山
びく(とった魚を入れておく器。籠(かご)びく)
ここでは茶を摘んだ入れ物に相当するかな
これに似た石が大量に点在している山だから付いた名前
下りでは八十八石が圧巻でした

谷を下り朝比奈川に出たところに道の駅玉露の里がある
ここのお薦めランチ「春のたけのこづくし膳」1,500円を食べた
もちろん「玉露ソフト」も食べた
道の駅に2時間も居すわってしまった
あとは朝比奈川沿いに歩いて岡部宿まで歩いて「完」

玉露とは(分からなかったので調べて見た)
日本の緑茶の最高級品。一番茶期に多肥栽培(おもに窒素肥料)
をしたチャの成木園に覆いをして日光を遮り、
緑が濃く柔らかく育った芽をていねいに摘採したものを原料とする。
製茶の工程は、煎茶(せんちゃ)と同様に、蒸し→粗揉(そじゅう)
→揉捻(じゅうねん)→中揉(ちゅうじゅう)→精揉(せいじゅう)
→乾燥を経てつくられるが、葉質は柔らかく水分も多いので、
もむ力と加熱を煎茶に比べると控え目にする。
玉露が初めてつくられたのは、天保(てんぽう)年間(1830~44)
に江戸の茶商山本山6代目の山本徳翁が宇治(京都府)
に出たとき、てん茶の工程中のものをもんで乾燥、
これを玉露と名づけ世に広めたことに始まるとされ、
茶種としては比較的新しいものである。
産地は宇治、八女(やめ)(福岡県)、岡部(静岡県)が有名であるが、
生産量は日本茶全体の1%にも満たない。
 

新製品 コモパン 頂きました

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 4月15日(日)14時51分14秒
  佐々木酒造の甘酒を
あんこ、にした甘酒小町
のコモパンをもらいました。
新製品です。
甘酒の味がします。
美味しいですよ。
甘さ粕味が強く甘酒ポイです。
長持ちさせるには甘くないと維持できない

ついでに 大豆粉入りデニッシュも
頂きました。
前回は大豆粉入りクロワッサンでした。
覚えていますか?。
 

4/10-12 六甲山全縦走

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 4月14日(土)00時56分52秒
  六甲山全縦走をしてきました
さすがの神戸でした
山の上にまで都会が迫っていました
縦走といっても山と山の間には都会街がありました
標高の一番高い地区にも小学校があったのにはビックリポン
12H(47,000歩)と8H(37,000歩)の
4名で2日間かけて歩いたけど
大会はこれを1日で走破するのにも驚きです
自分の体力の無さも痛感した2日間でした

須磨浦公園駅 朝5:30にスタート
鉢伏山
旗振山
鉄拐山
高倉台
栂尾山
横尾山
横尾台
高取山
鵯越え
菊水山
鍋蓋山
再度山
市ガ原
稲妻坂
天狗道
摩耶山
掬星台 17:30 ここへ12時間で着く
    宿泊ホテルが車で向かえに来た

掬星台 8:30スタート ホテルに送って貰う
杣谷峠
三国岩
六甲山ホテル
六甲山小学校
六甲ガーデンテラス
六甲山
大平山
塩尾寺
宝塚駅横駐車場 16:30ゴール 8時間かかる
 

4/5 リレー東海自然歩道20

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 4月 9日(月)17時27分17秒
編集済
  焼津へ行った
駅前のPに車を入れて岡部宿へ向かった
朝比奈川の遊歩道を上って岡部へ着く
岡部からリレー東海自然歩道20は始まる
もう11時を過ぎていた
ここから用宗駅まで385分のはずゴールは18時だな?
旧東海道だから史跡が沢山有って
それを見ていると時間が過ぎてしまった

リーレ東海自然歩道20
焼津 - 藤枝市岡部支所 - 宇都ノ谷峠 - お羽衣屋 - 満月
峰 - 日本坂峠 - 花沢山 - 用宗駅
と言うのが今回のウォーキングコースです

今回の一推論は宇都ノ谷峠にある明治のトンネルだ
旧東海道で1日1350名の通行人で賑わっていたそうだ
が鉄道が出来たら1日160人しか通らなくなった
と書いてあった 今は私達4名し歩いていない(笑)

面白いのは、明治のトンネルに
新しく合せて5つのトンネルがある事です
明治・大正・昭和・平成とトンネルがある
そのほかに幻のトンネルが存在していました
明治のトンネルのそばにあるならしい
カンバンに書いてるあっかた明治9年と書いてあった
現存する明治のトンネルは明治34年と書いてある
かなり古い 5トンネルを散策してみたいものです

その後登山が始まり、満月峰 - 日本坂峠 - 花沢山 - 用宗駅
と茶畑のウォーキングを楽しむ
予定通り18時に宗駅に着いた
4名参加9:40-18:00 丁度40,000歩でした
 

百花繚乱

 投稿者:ロックさん  投稿日:2018年 4月 9日(月)10時55分15秒
  花が一番きれいなこの月を見逃さずにはいられない、各種のツツジ、まだ残っているサクラ、下を視ればうすいピンク色のショウジョウバカマ 、少しだけのカタクリ、ニリンソウ、イチリンソウ etc もうたまらない!
食べることも下りてから西可児のお好み焼き屋、犬山のラーメン屋
それから祭り見物、ハードでした
 

鳩吹

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 4月 8日(日)19時39分5秒
  たぶん19
雨は降るし風は冷たいし
犬山祭りで電車は混んでいるし
 

岩見山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 4月 7日(土)20時17分33秒
  6人
尾張冨士、岩見山では肌寒いぐらいでした
 

4/2 五条川さくらウォーク

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 4月 5日(木)17時17分34秒
  五条川さくらウォークに参加した。
集合場所は「新清洲駅」
  1928年-旧西春日井郡清洲町の玄関口「西清洲駅」として開業。1948年現駅名に改称。
市制は「清須市」
  2005年-西春日井郡清洲町、西枇杷島町、新川町が合併・発足。
  新市名には「清須」を採用。
  信長公記には「清洲」、三河物語には「清須」と記載されているそうだ。
城は「清洲城」
  1989年-旧清洲町の町制100周年を記念して建造。
  創建当時の絵図が無く、当時を想像してデザインされた模擬天守。
清州と清須、使い分けがややこしく間違えそうだ。 以上は余談

落花盛ん。
花びらが風に舞い、川面には花筏。
菜花の黄色も鮮やかで、まだまだ充分に楽しめた。

天神老人さんとヨシヅヤに立ち寄り水分補給。
ビールが欲しいのだが我慢して「本当の水」を買う。
まだまだ先は長い。

羽黒辺りで足のあちこちが痛くなってきたが誤魔化しながら歩く。
五条川が終わり、富士橋15時22分通過。
ここからは新郷瀬川に変わる。
約1時間かかって16時20分、犬山駅に到着。
天神老人さんと記念撮影して解散。

駅構内のコンビニで漸くビールを買い独り乾杯!
あと残り2Kmちょっと…。17時前に漸く帰宅する。
52,000歩もあるいたかー。疲れたー。
 

4/1 桜の姫路城

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 4月 5日(木)16時54分53秒
  会社をリタイヤしたらいつか訪れたいと思っていた国宝・姫路城。
そのうち2009年秋から修理のために城をすっぽり覆う素屋根工事が始まって
城の外観は見ることができなくなってしまった。
そして5年半の歳月をかけ、3年前の2015年春に「平成の大修理」は終ったが、
なかなか訪問の機会が無かった。
今回、歩こう会で「桜の姫路城」の企画があり早速18キップでの参加を申し込む。
(奥さん? まあ今回は我慢してもらってオフシーズンの人の少ない時に一緒に訪れましょうか)
当初は4/7の予定だったが桜の開花が予想以上に早く、一週間前倒しで4/1催行となった。

当日は花曇り、白過ぎる「白鷺城」は背景に霞んでるようにも感じた。
城域の桜は満開とあって人出は凄まじく大手門への通路は満員電車並みの混み方だった。
集合場所と時間を決めてあとは自由行動ということだったが、あまりの人の多さに全員天守を諦めて
ほぼ外堀に沿って城の周りをぐるりと歩いた。
色々な方向から城を眺めながら約15,000歩のウォーキング、充分楽しめたと思う。
帰り時間が迫った頃、因みにと天守閣への待ち時間を覗きに行くと「1時間待ち」の看板が…。

姫路城、修理前後の画像です。
   https://www.kajima.co.jp/tech/himeji_castle/finish/index-j.html

姫路行きの前、2月中旬に姫路市観光振興課に、「4月7日に姫路城を10人くらいで訪れるので
5部ほどルートマップを送って欲しい」とメールしたところ、数日後2種類のパンフレット10部と
その他3種類の姫路の観光パンフレットが自宅にどさっと届いたのには驚いた。しかも無料で!
流石観光都市姫路、潤ってると見える。
岐阜県は県内の東海自然歩道の地図一部でも切手貼付の封筒を入れて申し込まないといけないのに…。
 

4/2 五条川さくらウォーク 清洲~五条川~犬山 桜ウォーク

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 4月 2日(月)23時17分54秒
  五条川さくらウォーク 清洲~五条川~犬山 桜ウォーク
全線で32㎞をウォーキングしました
花吹雪と花筏がとても素敵な川面でした
満開がとうに過ぎていたけど
違う楽しみ方があるものです

清洲から五条川を27㎞歩く
そこから新郷瀬川を犬山駅まで5㎞
計32㎞45,000歩 でも家に着いたら50,000歩になっていた

スタートの新清洲駅には11名が集まりました
岩倉の南部中学校では19名になっていた
先へ進むに連れて22名まで増えました
でも途中から抜けていき
犬山駅まで歩いたのは7名が残りました
8:45-16:50
8時間5分のウォーキングでした
土曜日44,000歩 今日の月曜日50,000歩
続けて歩いて色々痛みが出てまいりました
 

大豆粉入り クロワッサン

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 4月 2日(月)01時31分54秒
編集済
  特別に頂きました
もうすぐ全国のTOPVALUで販売されるそうです
美味しかったです
感触は大麦クロワッサンを軽くし 甘みを抑えた感じ
食べかけで写真撮ってしまった
山頂で一服した時に小腹が空いたので頂きました
イースト菌のパンと比べ、かなりの健康食品になるコモパン
おまけに長持ちするので買いだめが出来るので重宝します
私は登山には持ってこいだからよく買います
 

3/31 各務原アルプス全縦走~岐阜駅~金華山~権現山

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 4月 2日(月)01時26分20秒
編集済
  3/31に金華山から各務原アルプス全縦走
ゴールは坂祝駅です 12時間を目標
始発電車に乗り7名で岐阜駅6:45スタートしました
金華山へ向かい粕森公園から登る
岐阜城を経て先へ進むとツツジの群生がある
西山で一服 ここから岐阜城を振り返る
金華山の東にあるのに西山とはいかに?
下りて舟伏山へ 森林の中で天望なし コモパン食べた
次に岩田山へ 数回このコースに来ているが
いつも山の手前で左へトラバースしていた
今回初めて登頂した こちらの方が良かった
鍋坂峠へ下りて春日神社で少し食べた
神社から舗装道路を35分歩く
諏訪山団地から登り南権現山へ向かう
でも南権現山ピークへは行かず巻き道へ
この巻き道で一人1回目の転倒して
すり傷で止血して歩き出したが
歩き出して直ぐ2度目の転倒
岩場だったので手と右目の横から出血した
今度の出血は多かった 止血をしていたら
手の腫れがひどいので骨折が心配になった
歩けたので下山場所に救急車を呼んだ
岐阜市東部クリーンセンターで救急車に回収して貰った
残った私達は腹減ったので弁当食べたが
1名それに気が付かず先へ行ってしまった
会わずじまいになった 帰宅して自宅へ電話して事なき確認
運ばれた河村病院へ残った全員で歩いて行った
着いた時は処置も終わっていた 骨折もなく良かった
怪我した人も一緒に新那加駅まで歩いてウォーキングは終わった
43,000歩6:45-16:30完のリタイヤウォーキングでした
調べて見たら私は2013年に全縦走を完歩したようで
これで5年も完歩していない事になった
天気や体調不良や今回は事故でリタイヤとなった
完歩はなかなか難しいコースですね
 

八曽

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 4月 1日(日)19時02分56秒
  8人
花吹雪&花筏
 

八木山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 3月25日(日)20時55分31秒
  3人
寂しい
歩き出すと汗が出る
時折吹く風が冷たく気持ちいい
明王山トレールランをやってました
明王山頂上満員でした
 

3/22 リレー東海自然歩道26 白糸の滝 田貫湖の逆さ富士

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 3月25日(日)01時33分26秒
  3/22 リレー東海自然歩道26 決行しました
9:45-17:25 35000歩 28㎞ 参加5名
3/17に淡墨リタイヤ58㎞を歩いたダメージが残っている

前回3/1に雨天中止したコースです
コースのメインは白糸の滝と田貫湖
そこから見る真っ白な富士山です
家を出る時は雨が降っていた
10時から太陽が一杯の予報、それを信じて出発した
現地に着いても霧雨状態、仕方ないので傘を差して歩く
富士山なんか見えるはずも無く、町道村道林道自然道を歩くのみ
白糸の滝は駐車場と商店街が随分と新しくなっていた
平日のせいか閑散としていて いい滝でした
もう15時なのに富士山は見えない 予報が外れた
あと6㎞田貫湖を目指す 16:35に田貫湖に着いたら
最後のご褒美で真っ白な富士山が顔を出した
感動はすこぶる大きかった
田貫湖に写る逆さ富士も素晴らしい
夕陽に染まるピンクの富士山も凄い

中止になると予定していた日程のコースが
繰り下がっていきます
中止になった事を知らずにいると
コースを楽しみにしていて、行ったら行き先が違う
てなことも有ります
雨があると当初の案内と違う場合も発生します
事前の確認が必要になります

今回は富士宮市柚野公民館からのスタートになります
ここは芝川の中流域で上流には有名な
「白糸の滝」「田貫湖」「朝霧高原」があります
今回はその田貫湖まで歩きました
東海自然歩道は田貫湖からバイバスコース141.7㎞で
藤枝市蔵田まであり私は8コースに分割しました
藤枝市側2コースを残して
田貫湖側6コースが終わりました
そして東京高尾山をスタート26日目が終わりました
 

【0570-0**-***】

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 3月21日(水)18時26分39秒
  10日ほど前、スマホの2月分利用料が確定したのだが、料金を見てたまげた。
「かけ放題」のはずの電話代が¥1,700も請求されている。
なに? なぜ? 電話会社に聞く前に自分で調べてみた。
そして「びっくりの新事実」を知ることに……。

みなさん、ナビダイヤルってご存知ですよね?
企業などのカスタマーセンターに問い合わせした際、「ナビダイヤルでお繋ぎします。
◯◯秒ごとに◯◯円の通話料がかかります」とアナウンスされるあの電話のこと。
「通話料が掛かるって? でも俺はかけ放題だから関係ないな」と思っていませんか。
実はこの 0570-0***-*** の「ナビダイヤル」は、かけ放題の人にも通話料が掛かるのだ。
「そんなこと、知ってるよ」という人には、この後の説明は無用です。

この「ナビダイヤル」はNTTコミュニケーションズが企業、法人向けに提供している
電話の付加サービスである。
例えば大企業などのカスタマーセンターでナビダイヤルを導入すれば、
・全国共通の番号ひとつですむのでお客の利便性が高まる。
・受けた電話を関連部門の窓口に直接接続、案内できる。
・通話料金を発信者負担にでき、経費節減ができる。
などのメリットを謳っている。(だから「かけ放題」が適用外となる)

似たようなシステムで「フリーダイヤル」があるが、これは通話料が受信者(企業・法人)側の負担だ。
電話代がタダだから、客は遠方からでも嫌がらせのようなクレーム電話を
長々と掛けてくることがあるだろう。
「ナビダイヤル」ならそんな電話は激減するだろう。
客側よりも導入する側のメリットが大きいシステムと思う。

僕は、会社をリタイヤしてから毎年「e-tax」で確定申告をしてきた。
今年は住基カードが有効期限切れで、マイナンバーカードに切り替えた。
そのせいかどうか「e-tax」申請がトラブル頻発でうまくいかず、年金機構に何度か長電話した。
この時かけた電話番号が「ナビダイヤル」だったのだ。
そうとは知らずに今年1月に「かけ放題」プランのスマホに乗り換えた僕は、通話無料と思ったまま
「ねんきんダイヤル=ナビダイヤル」にトータル1時間近くも電話していたことになる。
「ナビダイヤル」の下に小さく書かれている固定電話の番号に掛けていれば……、と今思う。

みなさん ご注意を!
 

3/17 淡墨浪漫ウォーク

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 3月20日(火)15時38分47秒
  ♪ 誰のために歩くの~  ♪ 何のために歩くの~

今年4回目だがトレーニング不足と新しく買った靴がちょっと硬く、完歩できるか相当不安だった。
第1C.P・墨俣一夜城までは、みんなと同じペースで来たのだが……。
光明寺公園でもらったサンドウィッチ、バナナを食べていたら、みんなは早々と出発してしまった。
「殿(しんがり)になってしまったなあ」と思ったら天神老人がお友達とまだ居た!
城を背景に写真を撮ってもらった後、ひとり伊吹山や用水路をゆったり泳ぐ大きな真鯉を見ていたら
本当に最後になってしまった。

13:00前に第2C.Pの富有柿の里にやっと到着したが様子がおかしい。
人影が殆んど見えない、しかし建物の中に入ると歩こう会のみんなが居て食事中だった。
なんでも今年は、この先の織部の里がチェックポイントに変わったらしい。
靴を脱いで足を解放し、食事、トイレ、電話・メールなど済ませ、
みんなよりかなり遅れて13:10頃出発する。

13:40過ぎに織部の里についたら係の人が「ゼッケンを外してくれ」という。
13:30が過ぎているので「リタイヤだ!」と……。
「富有柿の里で休憩したため、ここへの到着が遅れただけで、ゴールには18:00前後には着けるから…。
それにまだ腰を下ろして休んでいる人は大勢居るじゃないか」との説明もなかなか聞き入れてくれない。
〈昼飯をここで喰ってりゃ、こんなことは言われなかったのに……〉
こりゃダメだと、シールだけ奪うようにもらって、問答無用とばかりにそのまま通過する。

独り、鍋原駅近くまで来たら、なにやら見たような人が橋の欄干に手を着いて川の流れを見ている?
〈おお、電ちゃんさんだ!〉聞くと、筋肉痛で歩けずストレッチしてる最中だと。
「頑張って!」とエールを送って、先を急ぐ。
自分も両足の裏が痛い。豆ができているかもしれない。

50Km辺りだろうか、歩こう会の「○○のお嬢さん」に追いついた。
そこからはお互いを励まし合いながらゴールを目指す。
日当(ひなた)駅では、土砂崩れで今までのコースは通れないので、橋を渡らず本巣縦貫道路を歩く。
おかげで金原(きんばら)ダムを見ることができた。
(常時2,000kW ⇒ 1世帯の年間消費電力を3,600kWhとして約4,800世帯分以上を賄える発電量)
今までのコースは直ぐ左手の高い所を歩いていたのだが、このダムの存在にはまったく気付いていなかった。

「あと少しです、頑張って!」
残り2km辺りでいつもの女の子がハイタッチして応援してくれた。
ありがとう、元気出る~。
お姉ちゃんの方はこの4月、中学生になるそうだ。そう見れば背丈も大きくなっているなあ。

17:50 赤い吊り橋を渡ればゴールはすぐそこだ。
最後の急坂を「○○のお嬢さん」はスパートを掛けて登っていく。
僕は最後の力を振り絞り、這うように登って、やっとゴール!(18:05)
汁粉と豚汁、両方貰って大満足。ごちそうさま、美味しかったでーす。
「足の痛さも忘れる」と言いたいところだが、足は益々痛い。
今年はキロポストが設置されてなかったし、コースやチェックポイントの変更があって
ある意味歩きにくかった。
こういうことは出発式の時に告知して欲しかったなあ。

帰りは天神老人さん、Long Ropeさんと一緒に電車。なんとか座れてほっとする。
電車を乗り継ぎ21:35帰宅。
両足の第1、2指には無残にも大きな豆が…。破れてなかったのが幸いだ。
湯船に浸かった後、独り乾杯。
「来年はもういいよ」と言うのが今の心境だ。  (長い駄文 読んでくれてありがとう)
 

3/17 第21回早春淡墨桜浪漫ウォーク

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 3月19日(月)13時04分23秒
編集済
  3/17は
第21回早春淡墨桜浪漫ウォークでした。
60㎞ウォーキング優勝?しました。
おめでとうございます。
申込者数372名 有志で歩こう会から11名

とはいかなかった(笑)以下読めば経緯が分かるかな(笑)
2000年の第3回目から毎年参加しています
でも朝から雨の時はドタキャンもありました
19回中3回位かなドタキャンは、ということは16回も参加したのか?
今年は3/6にも報告しましたが
受付番号が「№1」という快挙の年です
19回中で初めての出来事
ウォーキングで1番のゴールは絶対取れない
後ろから1番「ドベ」なら取れるだろう
と冗談半分に話していた

今年はトレーニング全然出来なかった
自転車でも走っていない
こんなんでは途中リタイヤかもしれない
でも行けるところまで頑張ろう
昨年は有志で歩こう会の中では優勝したのでから
と言い聞かせても、身体は筋肉は正直です
ゴールまで20㎞を過ぎた頃から
歩こう会の皆さんから置いてかれ
どんどんペースが落ちていった
太もも筋肉と股関節のすじに痛みが出てきた
足の豆については良好でした
歩こう会の人でも昨年より30分遅れでした
その30分遅れのスピートにも着いていけなくなり
他の人からどんどん抜かれていきました
救護車もしきりに私の回りを行ったり来たり
最終のチェックポイント57㎞地点で
スタッフの方に聞いたら
私が一番最終の参加者と告げられました

「後ろから1番「ドベ」なら取れるだろう」
が本当になってしまった。

大会スタッフも「顔はニコニコ、心はやれやれ」
この痛みであと3㎞は60分以上かかる
有志で歩こう会のメンバーも待ちくたびれる
18:30がタイムアウト強制撤収になる
ということで時間にはムリだろと18:05に
根尾谷地震断層観察館チェックポイントで
救護車に乗る事にした。筋肉は正直、でも悔しいなぁ

ゴールで救護車から下りても
スタッフの方達は温かく迎えてくれました
ゴールで写真も撮って戴き
ゴール受付で完歩してないのに完歩賞を渡され
前日ちゃんこ鍋の仕込みをしていた方たちも
揃って出迎えてもらえました
ちゃんこも汁粉も大変美味しかったです
有り難うございました
前日デポした自分の車で温泉へ向かい疲れを取りました
結局昨年より車に乗っても60分遅れのタイムになりました
79,000歩57㎞11時間35分でした

車で温泉に行き帰宅に向かい
犬山駅で皆さんを降ろしたのは9:30頃でした
私は10:00に家に着いた
 

桜咲く

 投稿者:A山  投稿日:2018年 3月18日(日)19時52分12秒
編集済
  大縣神社、MKさんのお手植えの桜が咲きました!  

淡墨桜

 投稿者:A山  投稿日:2018年 3月18日(日)09時17分27秒
  今年も皆さんのおかげで完歩できました。ありがとう。  

三山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 3月18日(日)08時56分11秒
  羽黒に一人
昨日の淡墨で疲れたのか誰もいません
 

3/11 鳩吹ウォーク

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 3月13日(火)21時35分41秒
  この日は「小島企画」の方へ参加の予定だった。
が、発車時刻には充分余裕で起きたのに、ちょっとした勘違いで電車に乗り遅れてしまった。
で、鳩吹の方に参加することにした。

「ともぞう」さんではないがこの日は天気好すぎ。シャツ2枚だったが汗が止まらない。
継鹿尾山の下り階段でショウジョウバカマを見つけた。
グループはいつものようにバラけ、休憩ポイントの善師野分岐では3グループに分かれてしまった。
そして暑さの所為?で鳩吹山を止めて、西山休憩小舎の先の分岐で西山登山口へ下りる。
そこから真禅寺墓地を横切り木曽街道に出る(それにしても、ともぞうさんは道をよく知ってるなー)
当初の予定では、淡墨ウォークのトレーニングを兼ねて独り木曽街道 ⇒石拾い峠 ⇒善師野 ⇒犬山経由で
自宅まで歩くつもりだったのだが、皆さんと一緒に西可児駅へ歩く(意思弱いなあ)
皆さんは反省会、小生は独り電車に乗る。
車内は大勢の姑娘で中国語がかしましかった。可児は中国人多いのか?

街道沿いにある「建速神社(たてはやじんじゃ)」をネットで調べても由来などなかなかヒットしない。
可児市のホームページに「Kルート」というウォーキングルートがあり、
その中の「モデルコース9」の最後の方の解説に神社について書かれた記事を見つけた。
毎年7月に一年の無事を祈る「提灯まつり」が行われるとある。
  http://www.city.kani.lg.jp/8826.htm

マンホールにある模様が何の花か分かりにくく、調べてみたら「サツキ」だった。
「サツキ」は可児市の「市の花」で市制施行を記念して昭和57年4月1日制定されたとある。
可児市にはもうひとつ市の花「バラ」がある。
こちらは花フェスタ記念公園の「世界一のバラ園」誕生を記念して平成17年3月1に制定された。
市の花が2つあるとは珍しいと思いちょっと調べてみた。
なんと武蔵野市は9種類も市の花を制定していた。
平成26(2014)年4月現在、市町村の総数は1,718(市790、町745、村183)もある。
まだ他にも市の花を複数制定している自治体はあるかもね。
 

鳩吹

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 3月11日(日)19時53分27秒
  14
継鹿尾山でもう汗が
春近し
 

淡墨ウォークの参加証が来た

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 3月 6日(火)01時22分51秒
  今日やっと届いた
受付番号 1
嘘でしょう?
と思ったけど本当だ(笑)
 

虎子山(とらすやま)

 投稿者:ロックさん  投稿日:2018年 3月 5日(月)09時39分2秒
編集済
  伊吹山の北尾根の虎子山(1,183m)に登ってきました、国見岳スキー場からなだらかな林道をスノーシュウで登り1時間20分で国見峠、ショートスキーをここへデボして急坂を登る、すぐに大変恐いものを発見!まだ新しい(今朝ぐらいの)熊の足あとがくっきり、びびりました!音が出るものが無かったから歌を歌ったりストック同士を叩いたりしてやり過しました、もう冬眠から出てきたんだー、お腹空いているだろうなー
2時間で頂上らしき(雪で埋もれてわからない)に到着、眼前に雄大な伊吹山、裏から観ているからいつもと違うかたち、素晴らしい!感激!
曇り時々晴れで風が無く、とても良い日和でした、少し雪焼けしました
 

八曽

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 3月 4日(日)19時48分32秒
  7人
暑い1日でした
 

6月担当ウォーク

 投稿者:熊沢 広子  投稿日:2018年 3月 1日(木)22時16分45秒
  6月の担当ウォークを連絡します。
6月12日
「四季の森へアジサイを見に行こう」

9:05 羽黒
9:30 尾張富士
    小牧市民プール前
    四季の森

    昼食

    尾張広域緑道
    味岡駅

    解散

以上よろしくお願いいたします。
 

八木山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 3月 1日(木)20時10分19秒
  なんと12人
内3人女性
ゲストが下りる駅を間違え
迎えに行くハプニング
寒くも無く天気も良くこんな日に外へ出ないなんて
 

淡墨トレーニング

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 3月 1日(木)20時06分15秒
  5人
帰り41k岩倉でリタイヤ
こんな事で大丈夫かなぁ
 

三山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 2月18日(日)20時18分18秒
  7人
昨日より2人少ないなぜなんだろう
 

2.15  リレー東海自然歩道25 はたご池-芝川駅-楠金-西山本門寺-柚野小学校-桜峠-稲

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 2月17日(土)02時13分32秒
  リレー東海自然歩道25を歩きました
はたご池-芝川駅-楠金-西山本門寺-柚野小学校
-桜峠-新稲子川温泉-稲子駅
参加者5名 8:10-16:15 37000歩 でした

前回は はたご池 でコース変更して終了したので
今回は はたご池 から歩き始めてゴールは同じだから
予定時間330分 → 465分 に増えました
約8時間予定が その通りの8時間で歩きました

今日の1押し
想像していなかったのですが
14時過ぎまで、ずっと富士山が見え隠れして
とても素晴らしい地域でした 当然天気に支えられてですが
地図からはこの景色が想像できなかった
山の陰に隠れて富士山は見えないだろうなぁ
と思っていたので こんなに沢山見えたのには感動した
前回は雨が降っていたので見えなかったが
はたご池 から富士山がとても綺麗に見えました
知らなかった こんなに立派な富士山が見えていたなんて

2押し は
西山本門寺の参道が「すごい」
幅がとても広くて ずっと続いて長い
歩き堪えがある
そして本堂が無い
これが少し残念
でも絶対に行ってみるべきと皆に進めたい
入口の黒門がまたまた素晴らしい

地元の人に話しかけると よく受け答えして貰えます
地図を見せて教えて貰うと 話しが終わらない
判ったので切り上げたくても終わらない
どの人に話しかけても そんな感じ
人懐っこい地元住民の様です

最後に この地区は全部 木曜休みでした
おかげで黒門の蕎麦屋も ほかの店も休みで入れなかった
 

2.12  岩村ダム上流南沢から三森山登山 岩村酒造カステラウォーキング

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 2月14日(水)20時42分38秒
  2/12は岩村酒蔵開きと松浦軒のカステーラ
と三森山登山でした
登山5名 観光2名でした
9:00-13:15  14,400歩でした
雪が小降りの中の登山が気持ち良かった
白銀の世界はいつ行っても綺麗で素敵です
寒いのが難点ですが(笑)
登山が終わったら次の工程へ
2名と合流して7名になり飲んだくれました
酒蔵開きは300円の入場料がいります
500円以上の土産を買うと200円引いて貰えます
松浦軒のカステラを毎年40本買います
13軒へ宅配してもらい 20本自宅用です
チョットした「大人買い」になる
ハハハ(笑)
 

2.11  F第2日曜 鳩吹山ウォーキング

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 2月14日(水)20時37分58秒
  2/11は 鳩吹山ウォーキング でした
参加者は23名です 途中離脱者が続出
途中参加も3名ほどいた
鳩吹山まで歩いた人は8名でした
9:10-14:00まで 21,000歩でした
 

2. 9  しらおスキー

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 2月14日(水)20時34分44秒
編集済
  2/9はマイナーなスキー場へ3名で行く
しらおスキー場へ
営業してないか?と思うほど空いていた
今年の雪質は何処でも良好だから良いです
リフトは動いているのが5基あった
コースは一番上の所が一番良かったかな
あとは激坂な林道を下りてくるようなコースだった
空いているのが一番いい

スキーから帰宅して 居酒屋へ これも好例「らびっと」へ行く。
1名入れ替えて3名で お疲れ様 23時まで ぐたぐたやっていた
 

雪の岩村

 投稿者:ロックさん  投稿日:2018年 2月13日(火)09時15分32秒
編集済
  岩村は山のなか、雪のなかです
寒い冬ならではの山歩きでした、さらさらの雪が降り積もり白銀の世界、大変きれいでした
寒くないけど冷たい、楽しかったー!!
  
 

2/4 第33回定期総会

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 2月 6日(火)01時40分1秒
  第33回定期総会 昨年より4人少ない20名が参加。ちょっと寂しい。
今回は「活動方針」や会則の「目的」の中に【安全に】というキーワードを盛り込むべきではないかとの
意見・要望があり採択された。もっともと思う。
また「事業」の項目に【登山】を加えて欲しいとの要望があり(3)ハイキングを削除して登山を追記することになった。

掲示板表紙の綺麗な逆さ富士の「撮影秘話」が明かされた(富士山が見えれば誰にも撮れると・・・)

今回も会場は「入鹿の里 MUSICA」だ。
ホテルのサイトマップによると、この地は昔「入鹿村虫鹿荘」と呼ばれており、その「虫鹿」の名前に因み、
ラテン語で「音楽」を意味する「MUSICA」とホテルの名前を名付けた。とある。
「MUSICA」を「ムシカ」と読んでいるが、ラテン語ではどう読むのかは分からない?「ミュージカ」?

「虫鹿荘(むしかのしょう)」のことを調べていたら、次のような「虫鹿神社」ついての個人Blogを見付けた。
   https://blogs.yahoo.co.jp/jk2hri2/22846428.html?__ysp=5Y%2Bk5Luj5Y%2By44Gu6YGTIOWFpem5v%2Belnuekvg%3D%3D

犬山・前原にある虫鹿神社について調べたBlogだが、記事の後方に掲載してある16通のコメントに吃驚した。
コメントの内容は至極真面目なのだが、驚いたのはその日付。
記事がアップされたのが2009年12月24日。
最初のコメントは同日の約8時間半後でこれはフツー。
その後、発信者と投稿者の真面目な意見交換があるのだが、最後の投稿が2016年7月15日。
その回答が翌7月16日で一応終わっている。
何とBlogのアップから、ろ、ろ、ろ、ろ・・・、6年半も経ってから意見を投稿する人もする人だが
その翌日に真面目に回答するなんて! 絶句!! ネットは怖い。

その他、調べていたら「犬山市の歴史的風致維持向上計画」と題した報告書の中の18ページに
紀元前(BC.)100年~(AD.)1996年までの出来事が「犬山市の年表」として1行ずつ
簡潔にまとめてあるのが、面白く分かり易かった。
興味のある人はどうぞ。
http://www.city.inuyama.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/247/13.pdf#search=%27%E7%8A%AC%E5%B1%B1%E5%B8%82%E5%8F%B2+%E5%85%A5%E9%B9%BF%E6%9D%91%27
 

2/4 総会

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 2月 6日(火)01時30分23秒
編集済
  昨日は 有志で歩こう会 の33回目の総会でした
今日から34年目がスタートします
活発な議論を踏まえ楽しい会の行く末を分かち合いました
20名の参加でした

12:00~受付 参加料集金 - - - - - - - 幹事 間宮克英
12:30【1】開会宣言 及び 乾杯の音頭 - 乾杯 水野智廣
【2】代表挨拶 - - - - - - - - - - - 代表 間宮克英
【3】2017年度活動報告 - - - - - 企画 間宮克英
【4】   〃  会計報告 - - - - - 代理 間宮克英
【5】   〃  会計監査報告 - - -  監査 永田稔理
【6】2018年度活動方針 - - - - - 企画 間宮克英
【7】   〃  活動計画 - - - - - 企画 間宮克英
【8】   〃  会計予算 - - - - - 企画 間宮克英
【9】会則の確認 - - - - - - - - - - 企画 間宮克英
【10】2018年度新役員承認 - - - - 役員 市川勝洋
【11】閉会の挨拶 - - - - - - - - - - 全員が一言づつ

会  場  愛知県犬山市 入鹿池畔 ホテル「入鹿の里」℡0568-69-0031
 

ウォーキングの後は ご褒美

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 2月 3日(土)03時30分14秒
  海鮮丼が旨かった
寿司もいいよ
勿論 ビール?もね
 

2/1 リレー東海自然歩道24

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 2月 3日(土)03時02分21秒
  リレー東海自然歩道24に行ってきました
5名参加 35000歩でした
9:30-17:10 7時間40分
富士川駅-富士川楽座-城島-風の宮公園-南松野駐車場-はたご池-芝川駅
の予定が、はたご池から時間切れで沼久保駅になった

夕方から雨?雪予報が出でいたけど
昼間は曇り を信じて行きました
結果は14時過ぎから みぞれ 雪 雨 となりました
降り出しが4時間ほど早まった
カッパは着ず 傘だけでしのげました
高速を下りる時に笠雲の富士山が見えただけ
運転中で写真が撮れなかった 以後は景色無し
前半は富士川宿で時間を掛けすぎ遅くなってしまった
後半の雨雪もあり予定のコースを短縮した
林道と森の中を淡々と歩くのみでした
歩き終わって行きに寄った「富士川楽座」に車で寄って
豪華 海鮮丼とサラダとノンアルビールで〆ました
SAでは掛川茶ソフトで〆めた
牛丼の吉野家の蕎麦が気になったが海鮮丼でお腹一杯
次回に寄って食べることにした

今日の一番
富士川駅に車をデポして歩き出した
直ぐのコンビニでトイレを借りた
そしたらその店で「とうば」が売っていた
1枚120円 「・・・家之霊進・・・・」とある
名前と年月日は自分で書くのかな?
凄っごく斬新だった コンビニで売る物なんだ?
聞いたら この辺だけらしい 隣町では売ってないとのこと
私達の所はお寺さんで貰ってくるものだと思っていました
 

1/27 続・神宮参詣

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 1月31日(水)17時29分52秒
  さて猿田彦神社。(写真は前頁)
ここは神宮周辺では有名なパワースポットのようです。
本殿手前の古殿地(こでんち)と呼ばれる八角形の石柱には干支で二十四方位が彫られており、
その文字を触る順序で金運や仕事運、家庭運などの御利益を授かることができるとか。
金運なら「巳→酉→丑」仕事運は「亥→卯→未」など。大勢の人がご利益にあやかろうと触りまくっていた。
現在の本殿は昭和11年に築造されたもので、それ以前に御神座が祀られていた場所が古殿地ということ。

そしておかげ横丁。
ここは参拝後にゆっくり寄ることにして内宮へ向かう。

親しく「お伊勢さん」とか呼んでいる伊勢神宮の正式名が単に【神宮】であることを知る人は少ない。
内宮は「皇大神宮」と言い、祭神は天照大御神である。
手水舎には寄らず、五十鈴川の清流で外界の穢れを落して正宮にお参りする。
正宮の石段下と宇治橋で記念写真。

宇治橋と言えば西詰北側(橋の入口下流側)二本目の擬宝珠の中には橋の安全を祈って
饗土橋姫(あえどはしひめ)神社の萬度麻(まんどぬさ)が収められている。
この擬宝珠に触れて帰ると、また参拝に訪れる事ができると言われている。

神域から漸くおかげ横丁と言う現世に戻って、赤福を喰ったり立ち飲みでお酒を飲んだり……。
伊勢サミットの乾杯酒「純米大吟醸 半蔵」と神宮の御料酒「吟醸純米 白鷹」のセットを買っちゃいました。

そして帰りの電車もハプニング
JR伊勢市駅に着くと上り電車が故障で遅れていて、近鉄に乗り換えるように駅員さんから切符を渡される。
そしてJR名古屋駅でも、15時頃に貨物列車との人身接触事故があったとかの影響で、遅れ電車の時刻表と
今の電車の時刻表が、並んで表示されている。えーどうなってんだ??

結局この日は予定の電車すべてにトラブルが起こると言う、ある意味記念すべき日?となった次第。

今回もまた長くなってしまった。ご勘弁を……
 

1/27 神宮参詣

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 1月31日(水)17時27分0秒
  電車は鵜沼6:42発。5時半に起きるも眠い、が自転車は寒く眠気吹っ飛ぶ。
岐阜で東海道線に乗り換えたが清洲の先で「信号が赤のため停車」した。この先で人身事故があったようだ。
だいぶ経ったが、先へ進めそうになく電車は清洲へバックするとのアナウンス。
結局、乗り換えのため名鉄新清洲駅まで歩く破目になり、2時間以上の遅れで計画は滅茶苦茶に。
漸く伊勢市駅に近付いた頃、先行組から「朝熊ヶ岳は、路線バスが運行中止なるほどの大荒れで視界ゼロ」と。
山行きは中止して神宮に参拝することになった。

先ずは外宮へ。実を言うと小生、神宮参拝は何度かあるが外宮からお参りするのは初めてなのだ。
一般的には「外宮」と呼ばれるここは、正式には「豊受大神宮」と言い、祭神は「豊受大御神」である。

毎年7月下旬「せんぐう館 まがたま池」に浮かぶ能舞台では「神宮奉納 伊勢薪能」奉納される。
 https://www.youtube.com/watch?v=Itc2f7gckBs
  *この薪能は、伊勢薪能実行委員会によって奉納される能であり、外宮の恒例祭典行事とは別物である。

「まがたま池」の無料休憩所で風を避けながら昼飯でもと思ったら「飲食禁止」の張り紙が……。
外宮を出て猿田彦神社まで古市参宮街道(3.5km)の道すがら、日当たりのいい広場で昼にする。ちょっと寒い。

街道途中には資料館があり、覗いて見ると靴を脱いで上がらなくてはいけない。
ちょっと躊躇っていたら、中からボランティアのおじさんが出てきて色々と解説してくれた。
曰く、昔のお伊勢参りにはこの街道しか道が無く、街道は何千人と言う参拝客の往来で賑わった。
曰く、無事参拝を済ませた客は妓楼に上がって豪勢に芸者遊びをしたそうだ。
ここ古市妓楼は日本三大妓楼のひとつで、ここには千人近い遊女がいたそうである。
 Q. 芸者遊びは男の遊びだから、女の人には楽しみが無いがね。
 A. ところがここは歌舞伎が盛んな所で、女の人は歌舞伎を見たり美味しいものを食べたり、
   女も充分楽しめたんだよ。

こういうボランティアガイドの人は押し並べて話し好きの人が多く、一個質問するとここぞと解説するので
早く切り上げたい時は、質問なしで黙って聞いているのが良い。

実はおじさんの話よりも足元に置いてある行燈の絵(写真参照)のほうが面白そう。
ゾウが木に登ってるゾー。キリンが居るな。トラやパンダも。
どんな子が描いたのかな? みんなに見て貰えるのでよかったね。
おじさんは熱心に色々話してくれたけど、絵の方が気になって話はあんまり覚えておりません。
ゴメンナサイ。【続】

 

八木山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2018年 1月28日(日)20時04分44秒
  6人
山の北側にはまだ雪が残り滑ります
軽トラが滑り登っていけない状態
各務原ローソン閉店してました
帰りは雪が降り寒い
 

米田白山と錯雑地巡り の件

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2018年 1月24日(水)23時58分17秒
編集済
  調査 有り難うございます
私も行きたかったです
行けなくて悔しい限りです

地元のお母さんの返事が凄く幸せな日本を感じますね
行政上不便でも地元民の意見を優先する
まか不思議な日本を感じるところでもあります

報告ありがとうございました
今度企画する時は是非連れて行って下さい
別の場所での再企画を期待します
私の予定に被らない日ににお願いします。(笑)

 

1/18 米田白山と錯雑地巡り

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 1月24日(水)12時51分1秒
  無題のまま、写真添付する前に「Enter」キーを押したので、投稿されてしまった。
参考写真です。
 

1/18

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 1月24日(水)12時40分8秒
  昨年11月8日 「錯雑地と飛び地」のことで美濃加茂市と八百津町の境界が複雑過ぎることを投稿したところ、
事務局から「面白そうだから現地確認の企画を立てて」と言うことで、早速「1月18日 米田白山と錯雑地巡り」を
計画したが、この日が「リレー東海自然歩道23」とバッティングしてるとは知らんかった…。

当日、古井駅には告知やPR不足で参加者は1名。最低参加催行人数でウォーキング出発となった。
米田白山は270m余りの低山だが、この日は好天で温かく、見晴らしも良く、岩山がまた結構面白い。
下山後、その錯雑地探索だが、勿論境界線がある訳では無い。
スマホで地図を出して歩くも、現在地がどこで、どう歩いているのか分かりづらく、
同行のS.Iさんに「どうして(地図を)印刷してこなかったんだよ!」と叱られる始末。
確かに紙の地図に通った道を潰していけば、自分がどこにいるのかは一目瞭然だ。抜かったなー

賑やかな街中ではないので電柱に地名入りの広告も無く、歩いている人も見当たらないため聞こうにも聞けず、
スマホを見つつあちこち歩いていると、向こうに昼を食べ終わったと見えるお婆さんが玄関から出てきた。
駆け寄るように近付いて声を掛けてみた。

「お母さん、この辺は八百津との境界が入り組んでいるようですが、どうしてこんな風になったんですかね?
お住まいになっていて不便がありますか?」
「私は地の人間ではないのでよう分からんが、昭和の中頃、編入騒ぎで境界がややこしくなったと聞いている。
この道路挟んで前の家は美濃加茂だけどその先の家は八百津じゃ。
家はすぐ隣でも学校が違うし、付き合いがなかなか難しいようじゃのー」と。
何でも編入を美濃加茂市にするか八百津町にするかの決定は行政の線引きではなく、「そこの住人の希望によって
編入先を美濃加茂市するか、八百津町にするか、個人の希望が優先された結果、
今のような複雑な境界になってしまった」んだとか。

インターネットで調べてみると、この辺はかつて和知村と称し、昭和29~30年頃編入問題が持ち上がって、
現在のような複雑な境界線となったようだ。
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%9F%A5%E6%9D%91

因みに、地図の上部に「牧野」と書かれた四角形の場所は、美濃加茂市の飛び地(周囲は八百津町)だが、
現地で確認したところ大きな敷地の一軒家だった。
編入時、家主が「編入するなら、儂は絶対、美濃加茂市じゃ」とでも叫んだのだろうか・・・。

少々歩き疲れて、いつものところで弁当を遣わせてもらおうと「兼山資料館」を尋ねたら、建物の半分、
歴史民俗資料館は改装中で、6月にリニューアル開館だそうだ。
展示品が無く暇そうな館長さんに、展望室での昼食を許可して貰ってゆっくりくつろいだら、
もう歩くのが面倒になって明智駅へはバスにしてしまった。
 

その建物は・・・

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2018年 1月23日(火)18時28分15秒
  「電ちゃん」さん こんにちは
ちょっと気になる建物ですよね。

>どんな作業場なんでしょう
この建物が何かの作業場と見た「電ちゃん」さんは鋭い!

A.この建物は「ミカンの貯蔵庫」です。
屋根から飛び出た小さな屋根は鎧戸の付いた換気口です。
今はあまり使われていないそうですよ。

冗談ばかりのCotz-Gですがこれはホント。
どうやって調べたかは掲示板では明かせません。
 

熱を逃がす

 投稿者:焼肉パーティー  投稿日:2018年 1月23日(火)14時24分36秒
  画像で検索すると、
どうやら 熱を逃がすための 工夫の様子。

写真は、日本最古のワイン醸造所 だそうです。
 

レンタル掲示板
/34