teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


オフ会みたいな

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年10月15日(日)19時37分59秒
  5人
この雨の中歩いていた人と
カラオケ
 
 

寂光院のこと

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年10月11日(水)21時28分27秒
  孫引き雑学辞典-17

久し振りの孫引き雑学辞典だ。
この前がいつだったか調べてみたら、2016年10月30日だった。
米国大統領選挙の仕組みについての解説文を、得意気に長々と書いて事務局から叱責を受けて以来だ。

さて毎月第2日曜日、鳩吹山ウォーキングで最初に必ず立ち寄る寂光院。

基本的にお寺の名前は「○○山」「□□院」「△△寺」の3つから構成されている。
(他にも「閣」や「堂」、「庵」で呼ぶお寺もある)
平安時代、空海や最澄の頃から山岳仏教がはやるようになり、人里離れた山中に寺院が建立されると
その山の名前で○○山と呼ばれるようになり、それがそのまま「山号」になったと言われている。

いつも気楽にトイレを借りているだけの「お寺さん」だが、先日10月8日のウォーキングの時、
本堂に懸かる扁額の写真を撮ったら??? ちょっと気になることがあった。
このお寺、通称を「継鹿尾観音」または「寂光院」と呼び、
正式な寺号を「継鹿尾山 八葉蓮台寺 寂光院(つがおさん はちようれんだいじ じゃっこういん)」と呼ぶ。
創立は白雉(はくち)5(654)年、孝徳天皇の勅願により南都元興寺の道昭和尚の手によって建立、
支院18、寺領500石を有する盛大な寺であったとある。

ところで寂光院本堂に懸かる山号の扁額。下の写真を見て何か感じませんか?
このお寺の山号は「継鹿尾山」なのですが、扁額の文字は3文字。しかも真ん中の字は「尾」にも見えるが、
辞書に載ってる文字にはとても見えません。
お寺に問い合わせたところ、「山号は3文字で表すのが普通だが、
継鹿尾山だと4文字となるため「鹿尾」を縦に一字とした」とのこと。
また真ん中の棒が突き抜けている「山」の字は全国でも珍しいとのこと。

平成22(2010)年の平成大修理では金箔の修復もなされたとのこと。
御本尊の千頭観世音菩薩(平成17年に国の登録有形文化財に登録)は秘仏で
60年に一度「甲子(きのえね)」年の御開帳だそうだ。
前回の甲子年は1983(昭和59)年だったから次は2043年(元号不明)の予定だ(この時生きているかな?)
(例外として平成大修理落慶記念で開帳されている)
麓の庫裏の正門「薬医門」も同年に国の登録有形文化財に登録されている(他に随求堂、弁天堂など計4点)
門の正面「冠木(かぶき)」中央には群猿の彫刻との説明があるが、これはどう見ても獅子にしか見えない。

寂光院にはホームページがあるので興味ある方は覗いて見てください。
  http://www.jakkoin.com/
 

10/8 鳩吹山

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年10月10日(火)17時53分56秒
  先週の黒平山はアケビや栗が採れてラッキーだったが、今週はちょっとアンラッキーなことが。
①朝早く目覚めたのに、集合時間が今回から通常時間の9:05になったので余裕で2度寝したら遅刻してしまった。
②尾張パークウェイ官林交点の先で、歩道の端っこを考え事をしながらうつむき加減であるいていたら、
誰かが手折った桜の枝先が垂れ下がっていたのに気付かずぶつかって、頬っぺたと人中(鼻の下)に
ちょっとした擦過傷を負ってしまった。
幸いキャップを被っていたので軽傷ですんだが、危ない…危ない…。

写真1.
 ・寂光院本堂に懸かる扁額「継鹿尾山」
 ・夏時間に戻った鳩吹山東屋はちょうど13:30 気温25℃ 今日は暑い!
 ・周りはすべて稲刈りが終わっていて、ここだけが残っていた。いい風景だ。
   この辺りでは稲架(はさ)または稲掛け(いねかけ)と言うが、Cotz-Gの田舎では「はぜ」と言う。

写真2.(珍しい花を見た)
 ・アキノキリンソウ:1本だけ咲いていた。珍しい、こんな所に…。多分間違ってはいないと思う。
 ・コウヤボウキ:初めて見た。
   1年目の茎には葉っぱが1枚ずつ互生するが、2年目以降は同じところから数枚の葉が出るため、印象が全く違うとある。
 ・カナメモチ:5~6月頃に沢山枝分かれした枝の先端に白い無数の小さい花を咲かせる。
   新芽は鮮やかに赤く、生け垣として好まれる。
 ・アブラツツジ:ドウダンツツジの仲間で紅葉が美しい。花も実も小さくぶら下がり可憐。

写真3.
 ・サルトリイバラ:別名 サンキライ(三帰来)  Cotz-Gの田舎では「マキ」と言っていた。
   塩漬けした葉っぱを使った、大口屋の和菓子「餡麩三喜羅」が有名。根っこは漢方薬として使用。
 ・ズミ:リンゴの仲間。春、白い花をたくさんつける。小さな実は、何故か殆んどが上を向いている。
   酢実とも。名前の通り、食べると酸っぱいとある。
 ・ママコナ:掲示板に登板3回目(もういいか)  花びら先端の白い隆起が米粒に見えるのが名前の由来。
 ・モチツツジ:季節外れだけど綺麗だったのでパチリ。来春はどうなるんだろう?  また咲くのかな?
 

10/8 鳩吹山ウォーキング

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年10月 8日(日)22時59分9秒
  ひと月ぶりの鳩吹山ウォーキング
自宅から歩いて電車で犬山遊園駅9:05集合
集まったのは18名 先月より3名少ない
ところが鳩吹山で写真撮ったのは8名で4名も多かった
10名が消えたのはミステリーと言うべきかな?(笑)
22200歩でした

10月から通常時間でのウォーキングです
9:05集合で来年の6月まではこの時間
朝から暑かった
もう乗車駅に着いた時から汗が滴り落ちてきた
でも真夏に比べれば休憩している時は冷やっこい

スタート前に久しぶりに代表としての挨拶を求められた
3連休で暇な人がこんなにも集まって頂けて嬉しいです
皆さんと楽しく歩きましょう
12/3には奈良のバスウォーキングがあります
バスですので沢山の人が集まらないと成り立ちませんので
皆さん参加して下さい
と訓示しました

まずは寂光院まで行き集合写真 私が参加した時の恒例
そして継鹿尾山へ登ります
あとは山なみを歩いて行きます
善師野との分岐点で幼稚園児の団体親子20名程と遭遇
緑区から電車で来たそうだ
おなじ鳩吹山まで行くそうです
子供たちも元気だ お父さんお母さんも結構元気
少し感激した

遅れた人 途中リタイア 先に行く人
合わせて10名と別れて鳩吹山に8名が残った
あっそうだ御岳山は地平線に雲があって見えなかった
残った人から 自家製マロングラッセが出てきた
人数が少ないので沢山食べれて幸せだった
Cotz-Gさん 有り難うございます 美味しかったです

鳩吹山から下山して可児川駅についたのは14:20でした
暑くて暑くてキリンコーラを一気飲み
少し味が変わっていたが爽やかに飲んだ
駅で待ち時間にストレッチをして疲れを癒やした
帰宅したのは15:20でした
 

10/7 B尾北五条川水系里山めぐり=岩見山コース

 投稿者:事務局  投稿日:2017年10月 8日(日)00時29分44秒
  朝は雨が残っていましたが
参加された方は2名と報告が来ました

一日中 曇天でした
途中***を飲み 栗拾いをしました  とコメントがあった
 

10/5 モーニングウォーク 柏森駅-カフェテラス「ユーカリ」

 投稿者:事務局  投稿日:2017年10月 7日(土)03時33分37秒
  10名参加の報告がありました  

10/5 リレー東海自然歩道14 井出駅-富士川-大野段-徳間

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年10月 7日(土)03時17分0秒
編集済
  6月以来のリレー東海になりました
夏は暑いしアルプス登山があるのでお休みしていました
10月からまた月2回のペースで再開です

リレー東海自然歩道 №14 富士川の井出駅-徳間
5名参加
25000歩 10:20-16:15 5時間55分のウォーキング

東名が工事で渋滞30分遅れた
新清水ICで下りる所を見過ごして通過し30分遅れで
スタートが1時間遅くなった

中部横断自動車道建設工事の為
東海自然歩道が通行止め迂回路へ10分ロス
大野段の下りが 地図と違い上徳間経由の林道になっていた
行ったり来たりで50分ロス
何やかんやで1時間多く歩けた(笑)
という合計2時間オーバーのウォーキングになりました

最近誰も歩いた形跡がない 熊が出そう
当然ウォーキング者には誰にも会わなかった
ここも限界集落がある所です
でもバスが日に2本あるだけマシ
見どころもない
森の中を登ったり下ったりしただけのウォーキング?
森は苔むして良い感じではあった
 

10/1 黒平山

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年10月 3日(火)02時27分26秒
  八曽に入る手前の宮島商店に立ち寄る。【クリ】と大きな看板がかかっていた。
栗を1㎏も背負って歩くのが嫌なので翌日買いに来ようと、「明日は何時に店を開くの?」と聞くと
「明日かー、明日ねー……」どうやら明日は休むつもりかな?
結局、栗は買わずじまい。でも道中、何となく山栗を拾って歩いてる。
と、俺のをあげるよ、俺のも……、最後にはリュックのポケットは栗で一杯になってしまった。
でも何かを楽しみに期待している皆さん。
申し訳ありませんが、今年もマロングラッセはどうなるか分かりません。 m(_ _)m

もみの木駐車場手前のあの美味しい湧水を楽しみにしていたのだが……、何かおかしい。
よくよく見ると水飲み場が無い! 聞くと「随分前に枯れて無くなった」とのこと。
「Really? ホントに自然枯れ? 誰か悪戯して壊したんじゃないのか?」と思うくらいショック。
それなら誰か掲示板で報告してくれていてもよさそうなものを……。(投稿文を見落としていた?)

話は前後するが、尾張冨士の三角点。
8月の石上げ祭りで奉納された?栗石で埋もれていて、石柱が全く見えない状態だった。
で、石をどかしてちゃんと見えるようにしておきました。
また黒平山頂の祠は先月の台風18号の強風に耐えていた!
でも朽ち果てていて、いつ崩れてもおかしくない状態。
新しく祠を寄進・再建してくれる奇特な平成の富豪 出でよ!

フィニッシュ近い農道で「ともぞう」さんが何やら撮っている。
聞くと「赤い珍しい花」を見つけたので写真にと……。
でもその花は、羽黒駅南の集合場所にも咲いていた。
と言う訳で、その花の名は「マルバルコウ(丸葉縷紅)」と言います。俺は朝一番に写真撮ったよ。
ルコウの縷は糸を意味し、 写真のように糸のような細く赤い花と丸い葉っぱが名前の由来です。

また、今回初めて「カクレミノ(隠蓑)」を尾張冨士の下りで見つけた。
まだ幼木のようで葉っぱは、3裂と5裂のものが見える。
生長すると殆んど切れ込みは無くなり、全縁の葉に変身するため一見しただけでは「カクレミノ」とは気づきにくいそうだ。
(幼木だったので、見つけたのはラッキーだった?)

ラッキーと言えば、犬山キャンプ場近くで沢山の立派なアケビ(木通)を採った。
因みに漢方では木通=モクツウと言い、蔓を生薬として使用する。利尿作用が強く、膀胱炎などに効能がある。
「旨い」というより「懐かしい」味がした。
しかしジャンプしても、2.2~3mの高さに生っているのが取れなかった。
身体能力の低下を思い知ることとなりました。トホホです。
因みにミズノスポーツ科学研究所が測定した、日本人の垂直跳びの平均値は、野球選手が65.5cm、サッカー選手が61.2cm、
ラグビー選手が58.9cm、陸上短距離選手が73.2cm、一般成人(25~34歳)が55.2cmだそうです。
 

t東海自然歩道コース

 投稿者:2代目emperor  投稿日:2017年 9月26日(火)18時30分27秒
  9/26(火)東海自然歩道コース 快晴 参加者男2人 女性3人 秋期を彩る、赤、白、黄色の彼岸花
(曼珠沙華)のような美しさでした。
 

八木山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 9月24日(日)20時55分25秒
  おっさん5人
今回も夏コース
倒木が多かった
台風のせいかも
 

ビール工場

 投稿者:A山  投稿日:2017年 9月23日(土)19時57分23秒
  9名の参加でした。天気は最高。25キロ歩いた後のビールは最高の味でした。5杯飲んだ強者もいました。途中で頂いたういろうもとてもおいしかったです。  

9/19 ウィークデーウォーク 川上岳登山1

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月20日(水)15時30分24秒
  川上岳(かおれだけ)に登りました 1625㍍
5名でした

南飛騨の北部?にある奥まった山です
ルートは4方向からある
今回は萩原の山之口村から
山之口川沿いの林道を5㎞程走って
ゲートにある登山口から行く
林道が凄い 未舗装というレベルではない 岩道なのである
時速も8㎞程しか出せない 5㎞を30分もかけた

登山ルートは初め90分急登
後半90分は尾根道の緩やかな道で山頂に着きます
3時間で登りました 往復で6時間30分かけました
丁度20000歩になった
登りも1万 下りも1万歩だった
下りの方が少ないと思ったけど同じだった

山頂の展望はすこぶる良好
北アルプスから御岳山まで裾野から見下ろしながら見上げる
雄大さは半端なかった
白山から大日 奥美濃までの山 ダイナランドのスキー場かくっきりと見えた
下呂馬瀬へつながる尾根 山々の地形が手に取るように感じる
山頂付近はどうだんツツジの群生があり色づき始めていた
ナナカマドも赤い実をつけて綺麗だった
木の高さも5㍍以上ある
この標高に群生しているのは初めて見た知った

あと3方向のコースは
馬瀬側から詰めていくコース
宮川を詰めていくコース
位山から尾根を縦走する天空のコース
があります

今度は宮川か位山コースで行ってみたい

川上岳の由来
"かおれ”とはもとは”かわうれ”で、
”うれ”とは水源という意味らしいですが...ピンときません

90分程登って大きな谷を横切るのですが
こんなに登って谷にしては大きい川があるなんて不思議でした
上に着いたら川がある だから「川上」と言うのか と思ってしまった
 

その人は

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 9月19日(火)21時09分57秒
  元探検隊隊長では?  

9.17  C第3日曜 尾北五条川水系里山めぐり-尾張三山巡

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月18日(月)17時17分6秒
  この日に独りで歩いた人がいます
さて誰でしょう?

台風のせいでしょうか1人でした
雨には降られませんでしたが 1人で歩きました

とコメントが・・・

凄い としか言えない
 

9/10 鳩吹山ウォーキング

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 9月11日(月)02時50分13秒
  ミステリーな
鳩吹山ウォーキングでした
22000歩
犬山遊園駅7:30で参加者21名(♀8)でした
ところが先へ進むに連れて参加者が減っていった
鳩吹山頂に着いた時はたったの4名でした
1人抜け 2人抜け 3人抜け ・ ・ ・
何故でしょう???
帰宅したのは13時でした
 

9/10 鳩吹山ウォーク

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年 9月11日(月)01時34分10秒
  前日9月9日は重陽(ちょうよう)の節句(俗に菊の節句とも言う)でした。
昔、日本の宮廷においては年間に亘り様々な節句があったが、江戸幕府が定めた五節句が連綿と今に続いている。
1月7日:人日(じんじつ)=七草の節句  3月3日:上巳(じょうし)=桃の節句
5月5日:端午(たんご)=菖蒲の節句    7月7日:七夕(しちせき)=七夕
9月9日:重陽 の五節句がそれ。
今日では正月三が日もしくは七日にかけての松の内の期間において食べるものが「おせち」と呼ばれ今に残っている。

今日は夏時間最後の鳩吹山ウォーキング・・・だからかどうか、参加者総勢21名の大所帯でした。
朝晩はちょっぴり秋の気配を感じるようになったとは言え、日向(ひなた)は暑い。
それが理由かどうかは分からないけど、途中どんどん人が減って「大脇」に下りた時には僅か4人に。
(詳しくは「電ちゃん」さんの掲示板投稿文に記念写真が載ると思うのでご確認を)

今回もネタが少ないので、例によって写真説明でお茶を濁しておくことにする。
*継鹿尾山の眺望
  いつもと同じアングルで撮った写真だが赤丸の中に「アキアカネ」が写っていた。
  8月には「アゲハチョウ」 そして今回は・・・季節は秋ですねー。
*石原林道への下り口
  いつもは滑りやすく危険な坂だが、雨で表面の土が流されたか靴裏に引っ掛かりのある凹凸だった。
  が大半の女性はロープを使っていた。
*ヤブラン
  名前に「ラン」と付くがラン科ではなく、ムスカリと同じキジカクシ科の仲間(旧分類ではユリ科)である。
  園芸種(リリオペ)には斑入りのものが多数。
*キツネノマゴ
  夏、道端に小さくひっそりと咲いている。名前の由来に色々説があるが不明。
  世界では230属4000種と大所帯の割に、日本で見られるのはごく僅かだとある。
  穂状の花径が満開に咲くことは無く、写真の如く数輪ずつ可憐に咲く。
*ヒガンバナ
  秋、春のお彼岸の頃に葉っぱより先に花径が伸びて、先端に真っ赤な(最近は白色や黄色、ピンクなど色々)
  花を咲かせる。
  別名 マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも。
  我々の世代なら 谷真酉美(たにますみ)「長崎物語(昭和13年)」♪赤い花なら曼珠沙華~ だが、
  昭和53年 山口百恵の歌う「曼珠沙華(マンジュシャカ)」だ!と言う人もおるかな?
 

八曽

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 9月 3日(日)20時26分7秒
  7人
今日も涼しい風が吹き
気持ちよく歩けました
栗も拾いました
今日は家族連れが多かった
秋の気配?
ついでに栗売ってました
 

モーニング

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 9月 2日(土)18時47分0秒
  6人
朝から涼しい風があり気持ち良く歩けた
継鹿尾山を南から登り
途中の林道から山をおり
西可児へ
10時半解散
 

8/25-27 第31回あっぱれ富士登山

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 8月31日(木)01時35分46秒
  31回目の富士登山に行きました

1981年に初富士山だった
毎年登れば37回だけど抜けた年があるのでね
でも年2回登頂も6回ある

データ
1日目  1200歩 20:20-20:43
2日目 14450歩  6:25-11:55-15:00
3日目 18600歩  5:30-11:10

初富士の人が3名いて7名で登りました
コースはいつもの?コース 色々登ったが
このコースが一番バラエティーに富んでいる

1日目-水ヶ塚公園駐車場-マイカー規制バスに乗換-富士宮五合目
登山開始-富士宮五合目-六合目(雲海荘(泊)

2日目-六合目-新七合目-元祖七合目-八合目-表口九合目
-9合五勺-頂上浅間大社奥宮-剣が峰-散策-頂上富士館 (頂上富士館 (泊)

3日目-頂上富士館-ご来光-お鉢巡り-御殿場口下山道
-大砂走り-宝永山頂-宝永火口-六合目-五合目-下山終了
五合目-バス-水ヶ塚公園-天母の湯


初めは富士宮口五合目から夜間登山で六合目へ
翌朝は小屋で富士斜面からご来光

2日目は6:25スタート
一日中風が強くてストレスが半端ない
ゆっくり登るも5名は遅れ気味
小屋小屋で大休憩
全員頑張って12:00には富士宮口頂上へ登頂
皆さん5時間30分は思ったより速かった 立派なものです
頂上でのセレモニーをひと通り済ましてから
食堂で昼食を食べる
ここの食堂はカップ麺的なものしか営業していない
カップラーメンが800円・・・でも食べた
落ち着いたので剣が峰を目指す
手前の激坂は滑り台に砂をまぶした様な道
ここは登山道の中で一番傾斜が大きい みな必死で登る
しかし山頂周辺だけガスがかかって展望はない
頂上富士館はチェックインが16:00からしかしてくれない
食堂は14:00までで締め出され 14:00から宿泊者は食堂で待機出来る
16:00にチェックインして布団でくつろいだ ほっとした
夕食はやはりカレーライス 担いで持って行くより楽でいいや
次の日は4:00に起こされる 4:50に閉め出される
5:00から食堂営業 メニューは昼と同じくカップ麺等だけ

この山小屋は30年前に泊まったが印象が悪かった
登山者からすれば冷たい対応だが
小屋からすればすこぶる合理的なシステム
登山者を接待すれば切りが無いので
この対応で良いのかも知れない

3日目はご来光5:10過ぎでイマイチだがこれで満足させた
朝食抜きで泊まったので持参食料で朝を済ませ
お鉢巡りに向かった 天気も薄曇りと青空と雲海でまあまあだ
寒い 霜柱が立っていた 寒いはず
7:00にお鉢巡りも終わり御殿場口下山道へ下りた
温かいものを口にしていないので赤岩八合小屋で豚汁を食べた
風が強くて目に火山灰が入り痛い
「お岩さん」のようなまぶたになってしまった
31回登って初の事 薬を漬けて数時間で治っていった 良かった
この少し下から「大砂走り」になる
歩き方を全員に教えて楽しい砂走りにして貰った
途中から宝永山に向かう
ここは「地球の営み」を感じる絶好の場です 素晴らしい
宝永火口へ下り六合目から五合目へ戻り
11:15に今回の富士登山は無事終了しました
あとは温泉に浸かって砂まみれの身体を綺麗にしました
 

8/21 アルプス正面コース

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年 8月28日(月)08時51分43秒
  自宅から鵜沼方面の道筋にはコンビニが一軒も無いため、寄り道して昼飯を調達しないといけないので、
僅か3~4分と思うが遠回りになるのが嫌なのである。
時間が勿体ないと言うより、遠回りすることが嫌なのだ。

今朝は自転車を漕いでいると風が爽やかでちょっぴり秋を感じられて嬉しい気分。
だが電車を降りて、羽場駅から21号の歩道橋までの僅かな時間でタオルが要る始末。
この時期、何が気に入って、暑い中を4~5時間も歩くのかねー。

前々から気になっていたが、三山で一番高い八木山(296m)だが、どうも「三角点」は無いようである。
それより低い愛宕山(268.5m 点名:愛宕山)には、ちゃんとあるのにね。
もっと低い陰平山(237.6m 点名:宝積寺)にもある。
さらにもっと低い住宅街の緑苑西(112m 点名:緑苑西)にもあった!
ネット検索したが無い理由は分からない(市史でも調べないと分からないかな)
八木山北コースの岩場。ここ大好きな場所なんです。

遺産の森で早めの昼食、先月と同じ夏コースを歩く。
「健脚の道」入口手前に案内図があるが、飯喰った「自然体験塾」やこの案内図の場所(現在地)の記載もなく、
方向音痴の小生には全く分からない。

コース途中で「サルノコシカケ」を発見!2種類も! アルプス正面コースを歩く度のお楽しみにしよう
(詳細な場所は ヒ ミ ツ  隠してもばれるだろうけど・・・)
Wikipediaによれば「サルノコシカケ 猿の腰掛け・胡孫眼」というキノコの「種」は無いンだそうだ。
で「サルノコシカケ科」。
種類も色々あるし、がんに有効な成分もあるらしい。
そう言えばいつ頃だったか「レイシー(霊芝)」がブームだったよなー。

ママコナ(飯子菜)は先月もこのコースで見かけたが、花数が少なく萎んだ花が多いような・・・。
10月の黒平山コースでもよく見かけた記憶がある。
花弁に2つ並んだ白い膨らみが米粒のように見えることが名前の由来とか。

今回はよく見かけた百合。これは多分「シンテッポウユリ(新鉄砲百合)」のようだ。
テッポウ百合は6月頃の開花で真っ白。
よく似たタカサゴ(高砂)百合というのがあり、こちらは8月頃の開花で赤いスジ・シマがある。
その交雑種の「シンテッポウユリ」は白色で8月頃開花するとある。
両者は開花時期の違いで判定するらしい。8月に咲く白い百合=「シンテッポウユリ」だと。
と言うことで写真は「シンテッポウ」デス。

今日の犬山城。
国宝とは言え犬山市の管理なので入場料は¥550と国宝城では一番安い。
と言う訳で、今日も天守回廊には大勢の見学者が・・・、ありがたいことです。

 

八木山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 8月27日(日)21時22分37秒
  6人
朝涼しい風だったが、、
夏コースの金毘羅山コース
あちらこちらと倒木多かったり
金毘羅山を登りきらずに
ショートカットしようとしたが
間違え少し藪こぎ
 

8/20 尾張三山

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年 8月21日(月)08時18分18秒
  正月肥りから一向に痩せないので、暑くて気が進まないけど、痩せるため三山を歩くことにする。
集合時間を「鳩吹方式」のように「09:01」なら「15分はゆっくりできるのに……」など思いつつ、家を出る。
犬山駅で「今日は電車」というIさんに出会う。
「今日は会社の女の子を二人誘って来た」と言うが、車内にはIさんしかいない。
また、一緒に来たはずの「ともぞう」さんが見当たらないと・・・。
一本早い電車で先に行ったようだ。

写真左上
二人の女性とは羽黒駅で初対面。「2代目emperor」さんが絶賛の「ひまわり」さん達です。
確かに若くて、爽やか。でも結構きつい三山を歩き巡った後に入会する気になってくれるかなー。
いつものように撮ったなかからトリミングしてご紹介しておきましょう(これって盗撮?)

同右上
本宮山の登り道で踏み付けそうになった糞!
さて、これは何の糞でしょうか?
4~5㎝位の大きさはイタチでしょうね、多分。
何の実か、皮だけで種は見えなかった。
(大きさ比較のため硬貨でも一緒に写し込んでおけばよかった)

同左下
本宮山山頂到着時に目に入る光景ですが、写真・本宮社右手奥に一等三角点があるのはご存じのとおり。
一等三角点は全国に972ヵ所もあるが、愛知県内にはたった8ヵ所のみ。
そのうちの1ヵ所がこの「尾張本宮山」と言う訳。
これって凄い!?
そう思って次回登った時に見てみて。
今までとは違った思いになるかも・・・。

同右下
今回初めて、大縣神社鳥居の手前右側に「楽田村道路元標(げんぴょう)」なる標石があるのに気付いた。
大正8年、主要国道の整備のため道路法が制定され、道路元標(縦横25cm、高さ約63cmの直方体で、
一般に頂部が弧を描くように丸く削られた形状をしている)を各市町村に一個置くことが定められたことにより、
設置されたそうである。(現在の道路法ではこのような設置義務はない)
犬山にはこの他、犬山町(東古券)、 城東村(塔野地東屋敷)、 池野村(内屋敷)、羽黒村(羽黒東向畑)
にも道路元標が残っているそうである。
  http://wanmaru.blogspot.jp/2007/07/
 

尾張三山コ-ス

 投稿者:2代目emperor  投稿日:2017年 8月20日(日)16時14分45秒
  8月20日(日)晴 参加者男7人女性3人、内2人はIさんの会社の同僚との事、20代の若い女性お-お-何年振りだ。イヤイヤ初めてだ。しかも可愛い、花に例えると、スイトピー、ナデシコ、フロックス、イヤイヤ大輪の!ひまわり!でしょう。スータト地点10人小川屋で、1人追加計11人しかし、3山に登ったのは6人、もちろん、ひまわり2人も入っています。  

8/16 フリープラン 京都大文字山

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年 8月18日(金)02時34分46秒
  13日、鳩吹山ウォーキングの時「18切符だから、雨天決行だよ!」とリーダーのS.Islandさんに言われてた。
朝6:00起きると「えっ、雨! なんだよー」 カッパに雨傘、自転車で鵜沼駅へ。
出発時間5分前、まだ来ていない一人に電話すると「えっ、今日は何だった?」
と言う訳でひとり不参加、本日総員4名での京都行き。

2時間後の9:40、JR山科駅着、慣れない列車旅は山より疲れる。
雨も上がっており、毘沙門堂にお参りして10:20いよいよ出発。
今日の目的は京都五山送り火のひとつ「大文字山の火床」見学。
11:40大文字山到着(所要時間70分)。
山頂では、古希を迎えたばかりのリーダーが自ら持参の「祝い酒」を戴きお祝いする。
(3日前にお聞きしていたのに、すっかり忘れていました。ごめんなさい。_(._.)_

大文字山山頂(465.3m)には三等三角点(鹿ヶ谷)がある。
近くに結構大きな8角形のコンクリート柱があるが、貼ってある銘版の先頭文字が潰されていて読めない。
上面の金属標も傷だらけ。今も使われているならホント悪質。何のためにもならない。
こんなイタズラは止めて貰いたいね。帰宅後、調べると「菱形基線測点」とある。
水平方向の変動を調べるために、京都東北部は大文字山・花山・浄水場・追分4ヵ所に測定点が設置されている。
測点4ヵ所で菱形が形成されていて、対角線も含めた菱形頂点間6ヶ所を正確に測量し菱形の面積の変化、
地表面の水平方向の変動を検出して、測地学研究に利用される。
これらは測地学上の大地の移動を観測するためで、三角測量の基線測量とは目的が異なるとある。
 http://uenishi.on.coocan.jp/m615ryoukei.html

そそくさと昼食を済ませた後、火床まで往復約1.7Km・差高140mのかなりの急斜面の道のりを、見学を含め約1時間で済ませてきた。
当日14:00からは送り火の準備のため火床への立ち入りは禁止になっていた。
下りたところは「大文字」の二画目・左払いの「字頭」と呼ばれる天辺の所。
他の所より2倍大きな火床になっていた。
火床は一画の長さ180m(火床18ヶ所)、二画160m(同29)、三画120m(27)+金尾の計75ヶ所だとか。
3画の交点、金尾は一段と大きな火床になっていて奥には弘法大師が祀ってあった。
五山送り火の詳細は次のサイトでどうぞ。
  https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/enkaku.html
  http://www.gozan-okuribi.com/

帰りは距離5.9Km、高低差約360mを125分で下る。疲れたー。
来年は鴨川の納涼床でハモ料理でも戴きながら、五山送り火を楽しみたいですなー。
 

8/11-14 南ア縦走登山 北部 北沢峠~仙丈ヶ岳~間ノ岳~北岳~広河原

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 8月17日(木)01時03分22秒
  盆前に南アルプスへ山行に行きました
8/11から三泊四日小屋泊まりです 5名参加

北沢峠-小仙丈ヶ岳-仙丈小屋-馬の背ヒュッテ(泊)
馬の背ヒュッテ-仙丈ヶ岳-大仙丈ヶ岳-伊那荒倉岳-横川岳-両俣小屋(泊)
両町小屋-三峰岳-間ノ岳-中白峰山-北岳山荘(泊)
北岳山荘-お花畑-吊り尾根分岐-北岳-肩の小屋-白根御池-広河原

8/11 9:26-13:56 12890歩
8/12 5:10-12:53 21988歩
8/13 5:03-12:24 18558歩
8/14 5:06-10:43 19337歩

1日目 雲が多く視界なし
バスの中では鋸岳 大ギャップの話しで盛り上がった
北沢峠 標高2032mから登り出す
原生林の苔生した中、馬の背ヒュッテを目指す
3名はヒュッテ直行したが
私たち2名は小仙丈ヶ岳へ回ってヒュッテに行った
夜は雨が降った

2日目 午前晴れ 午後から雨
仙丈ヶ岳を目指す 私にとって初めての山
仙丈カールが美しい
山頂より360度の展望に心が沸き上がる
大仙丈ヶ岳へと続く稜線が険しさを引き立てる
お花畑に魅了される
大仙丈以後の原生林は神秘的
南は2800mが森林限界で下りると直ぐ原生林
昔泊まったことある両俣小屋 でも覚えが戻らない
小屋に着いたら大雨が降り出す 夜中まで降る

3日目 雨は上がり一日中曇り
小屋に着くまで ずっと曇り
折角三番目に高い山へ登るのに少しガッカリ
でも雨よりいいか
三峰岳まで急登の連続
間ノ岳を経て北岳山荘に着く
夜山荘で南アルプスの攻略方を話しあった

4日目 高曇りで槍穂高まで見える
北岳を目指すがお花畑へ寄り道
素晴らしいお花畑で北岳草を探す
あった有った 花は終わって実が着いていた
北岳山頂はごった返していた 外人も多い
肩の小屋から御池経由で下山した
広河原でバスに乗り北沢峠へ戻る
広河原は2001年10月に来ているはずなのに記憶が無い
そういう意味では新鮮かな

フェースブックで写真見て下さい

https://www.facebook.com/katsuhide.mamiya/posts/884871421676953

 

8/13 鳩吹山ウォーキング

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年 8月14日(月)10時20分48秒
  夏時間とはいえ朝から暑い。
この鳩吹山ウォーキングは定例コースの中でも人気が高く、集合場所の犬山遊園駅では20人くらいの大所帯になることもある。
本日は13人。かなり多い。
しかし、どういう訳かコース途中の離脱者が多く、最後まで残るのは先月3人、今月も3人という有様。

今回は「せせらぎコース」かと思ったが、いつもの「正規ルート」になった。
先月は歩いた3日後の7/12に大雨が降り、モンパ近くの交差点・官林で土砂崩れが発生し通行止めとなった。
今回そばを通ったのだが、それほどの急傾斜でもないのに大きく崩れていて、ブルーシートが覆ってあった。

今回は雲が多かったけど見晴らしは良く、夏らしい風景を見ることができた。
皆より少し遅れて山頂に着いたが、仲間はおろか他のハイカーも、誰もいなかった。
三角点を入れて写真を撮って、帰宅後に見てみると上部中央に傷のようなゴミのようなものが見える。
ズームしてみるとなんと大きなアゲハチョウが泳いでいたのだった。
なんか得した気分になった。

山頂小屋に下りたら、お仲間「M」さんがひとりいた。
「あれ、Kさんは?」と……。
どうやらリーダーのKさんを途中どこかで気付かずに抜かしたようだ。
ほどなくやって来たKさんと3人、汗が引くまでゆっくり休憩してから麓の大脇に下りた。

継鹿尾山の階段脇で撮ったのはどうやら「ナナカカマド」らしいがどうか?

大脇ルート分岐で「トノサマガエル」に出会う。
よく似たカエルに「ダルマガエル」というのがいるらしいが、こいつは背中に青いスジがあり間違いないと思う。
こんなところの何処で「オタマジャクシ」の時期を過ごしたのか?
体長2cm前後の小さな体で、これから先自分独りでエサを捕獲して生きていけるのか?
余談だがこの分岐手前の急登とこの階段が、このコースの一番嫌な場所なのだ。

これも見逃しそうに小さな朱いキノコだが名前が分からない。食える?それとも毒?
 

岩見山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 8月12日(土)19時59分30秒
  おっさん7人
朝雨
 

白 山

 投稿者:ロックさん  投稿日:2017年 8月 8日(火)14時57分47秒
編集済
  台風が来る前の5日・6日に白山へ行ってきました。
以外にも天気が良くて日焼けをしました、この時期は沢山の花が咲きそれを楽しみにしていきました、可愛らしいけど妖艶なクロユリが印象的でした。
今年は雪が多かったのか、いつもより多くの雪渓が観れました。

 白山へ われを蝶に さそう花
 

(無題)

 投稿者:天神老人  投稿日:2017年 8月 7日(月)09時45分47秒
  内容  

五条川ウォーク

 投稿者:天神老人  投稿日:2017年 8月 7日(月)08時54分8秒
  昨日は???暑い最中四万歩弱歩く?道中珍し茸発見、見た人有りますか?ご同行の方々有り難う?  

八曽

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 8月 6日(日)20時33分22秒
  5+1
本日尾張冨士は石上げ祭り
暑かったー
小川屋に着いた時水を3杯
国分に着いた時水を3杯
水は持っていたが冷たいのが飲みたくて
 

8/2 モーニングウォーキング 五条川ウォーク-尾張富士

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 8月 3日(木)20時55分46秒
  私の担当ウォークで自宅から尾張富士まで歩きました
帰りは羽黒駅から電車です

7:00スタート 12:45帰宅
歩数25000歩 距離19㎞?かな
参加者8名

下山して途中喫茶店でモーニングと思ったけど
11:20に入ったら10:30までで終わっていた
コーヒーだけではもの足らなかった
入る前にモーニング有るか聞くべきだった あとの祭り

五条川を歩くのも何ヶ月ぶり
桜並木の日陰で少しは楽に歩ける
有志で歩こう会としては毎週五条川を歩いている
私は毎週サボっています ごめんなさい

尾張富士は石上げ祭りの準備をしていた
8/6がお祭りです 是非に石を上げて下さい
有志で歩こう会は26年に参加して
巨大な石をみんなで担ぎ山頂に上げました
今では登るたびにその石を拝んでいます
 

7/28-30 北アルプス縦走登山 針ノ木雪渓-種池

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 8月 1日(火)23時57分56秒
  5名参加

針ノ木雪渓に行きました
前回2004年8月に行った時は雪渓なのに雪が全然無かった
今回は7月末だから多かった
日本三大雪渓と言われているが
白馬大雪渓、針ノ木大雪渓、剱岳大雪渓
この針ノ木雪渓は一番小さい
雪渓通過時間は丁度1時間で終わってしまった

それと北アルプス全縦走で一度も通っていない区間
針ノ木から種池を歩けた事は嬉しかった
これで焼岳から日本海親不知まで全線を繋いで歩けました

今回この2点を達成した事で、一つの区切りとなりました
盆休みは南アルプスへ向かいます

本当は鹿島槍まで行こうと思ったが
鹿島へ行かずに、天気が悪く1日早く下山した
2泊3日になってしまった

歩行データはこんな程度です
9:00-13:24  13,000歩
6:07-11:50  15,000歩
5:50-11:10  19,000歩
 

コース探し

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 7月30日(日)11時46分5秒
  おっさん3人
朝雨が降っているのでゆっくり
なんと電話が
あわてて電車で
ほんとに好きもんの集まり
 

七夕ウオーク

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 7月29日(土)20時46分3秒
  なんと22kを5時間
定例コースより短いのに疲れました
平地だから4時間かからないと歩き始めは思い
歩き出すと暑いわー足はだるいわー
夏の平地侮れないぞ
 

七夕ウオーク

 投稿者:A山  投稿日:2017年 7月29日(土)11時09分28秒
  歩こう会   精鋭5人  

番外

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 7月27日(木)11時41分28秒
  29日土曜
一宮七夕ウォーク
現在5名
他に参加したい人いましたら
犬山西口9時20分
 

八木山

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 7月23日(日)19時21分9秒
  おっさん7人
日差しも強くないのに暑い
ただひたすら歩くだけなのに
良く外にでるもんだ
好きなのかなぁ
暇なんだろなぁ
 

7/18 ウィークデーウォーク南飛騨森林浴 船山登山とアララギ湖

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 7月19日(水)18時59分43秒
  船山登山へ行った
楽チン登山で林道で山頂へ登る予定

そしたら薄暗い林道で「 熊 熊 熊 」に遭遇した
林道を山頂に向かっていたら
20mほどの前の右の森の中で「ゴソゴソ」と物音 何かやっていた
子供にしては大きい 大人にしては小さい 写真は撮れなかった
子供なら親が近くにいるのでは?
後ずさりして戻ってゲレンデの真ん中を登ることにした

そうしたらゲレンデの林の横のルートで 熊の足跡 らしきものを見つけました
怖くなってルートを変更 ゲレンデのど真ん中に変えた
そうしたら前方を鹿が横切っていった
やっとの思いで ゲレンデの一番上のリフト場に着いた

ゲレンデから離れて登山道になった
快適に登って展望台の直ぐ下で またもや鹿が飛び跳ねて逃げていった
熊だったら超こわ~い
展望台に着いたら草刈りしている おじさん たちが休んでいた
裏から林道を使って軽トラで来ていた
少し話しをしたら来年ワラビ狩りに来なさい
と電話番号を教えてくれた

山頂までは林道で行った 頂上は電波塔が乱立していた
ここからアララギ湖へ下りていく
原生林で熊が出そうだったが 苔生した道が素敵だった
ひと気は無い 踏み跡も無い
14時頃アララギ湖に着いたら 大雨になった
舗装路でゲレンデに戻るだけだから傘だけで歩いた
しかし超大降りだった 全身グショグショ
ゲレンデの車に着くと雨も上がっていた
1時間20分の雨天ウォーキングになりました

トータルでは
 9:25-14:00 晴れ
14:00-15:30 雨
26000歩 21㎞  地図では16㎞

ウォーキング中はずっ~と 熊におののいていました
おかげで緊張して疲れもそっちのけ
車に戻ってから疲れが出ました
 

暑苦しい1

 投稿者:ロックさん  投稿日:2017年 7月19日(水)09時48分21秒
  ユリ子さん、出発前に甘くて美味しいスイカをいただき、ありがとうございました。ひと山下りてからモーニングコーヒー、最後に中華で反省会、身体を動かしたり胃袋を動かしたりと全身運動です。  

五条川ウォ-キング尾張三山コ-ス

 投稿者:2代目emperor  投稿日:2017年 7月16日(日)15時51分51秒
  7月16日(日)(晴)参加者6名、内訳暑苦しい男5名、高原に咲く百合のような女性1名。尾張富士(275)白山(237)本宮山(292,8)を目指して歩きました。  

モーニング

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年 7月15日(土)20時47分20秒
編集済
  久々の参加
9人 3+6
40分ほど布袋駅からの歩き2.8Km
森永の工場を通過してから
途中、前日水に浸かっていただろう
場所を通過パチンコ店の近くある
るるかふぇ
パン、ゼリー、タマゴ、サラダがついて400円
帰りは同じコースを逆に
女性グループはまだしゃべり足りないのか店に
 

7/14 追加ウォーク 奥相模 山ユリ ウォーキング報告

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 7月15日(土)02時16分48秒
  8名参加

リレー東海自然歩道で2年前に歩いた場所
奥丹沢の神ノ川上流に咲く 山ユリ群生を
もう一度見たいと声が上がっていた

車で5時間かけて行きました
2年前も同じ日だった
花が少なかった
少しガッカリ
でもゆっくりとウォーキングしながら
花を愛でるのは心の肥やしになります
今年のここは雨が少なく
山ユリも花が少ないそうです

途中、東海自然歩道を歩いている人と話す
これから東海自然歩道の最高標高点へ登って
近くの小屋で泊まるそうだ
FBをやっていると聞いたので名刺を渡した
名前を「いぐち ・・・」という んっ忘れた
山下りたら確認します と言って別れた

ここは圏外で下界とは隔離されている
家では大変な事になっていた
全国区でニュースが流れていた
5名ほどから心配メールや電話が入っていた
繋がったところで携帯見て びっくりぽん
でも自宅は被害無く安心
 

7/14 追加ウォーク 奥相模 山ユリ ウォーキング

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 7月12日(水)13時12分26秒
  奥相模 山ユリ ウォーキング は7/11に予定していましたが
現地に確認したらまだ「つぼみ」ですと回答がありました
よって7/14に変更しました
参加者は9名で受付は終了しています

スケジュール

布袋駅 5:40集合   始発電車で集まって下さい
             扶桑5:29発-柏森5:32-布袋5:37着
小牧IC
新東名
御殿場IC
道志の森
神ノ川ヒュッテ 11:00着

山ユリの群生地 観賞ウォーキング 適当にウォーキングします
15:00帰宅出発

帰宅は同じ道を戻ります
交通費は 4500円/1人
 

7/9 鳩吹山ウォーキング

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 7月10日(月)18時13分19秒
  久しぶりに 鳩吹山ウォーキング へ行きました
出たり入ったりでトータル15名の参加になった
15名が一同に揃ったことはなかった
21000歩 17㎞ 7:30-12:40 でした

暑い 暑い 暑い 無風で汗が半端ない 服べたべた
ペットボトル2本しか持ってこなかったので不安になった
犬山遊園駅に7:30集合は夏時間の7.8.9月だけです
2名が通常時間の9:00に来た
追いかけて西山小屋を過ぎたところで追いつきました
夏時間に参加したのは何年ぶりだろう
いつもと景色が違って見えた
同じコースでも時季を変えると違って見え新鮮です
鳩吹山ウォーキングとしているのに
鳩吹山頂で写真を撮ったのは5名だけだった
汗かいて気持ちよかった~ぁ
終わって可児川駅から電車に乗った
西可児駅で途中離脱したメンバーが乗ってきた
西可児で反省会をしていた方たちです
遅いウォーキングと早いウォーキングが結局同じ電車に乗りました
 

びっくりな 記事を発見

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 7月10日(月)16時07分39秒
  350ml缶ビールを週に9本以上飲むと脳の海馬が萎縮する? 英研究

気をつけましょうね 詳しくは下記URLを読んで下さい

http://blogos.com/article/233546/

 

蒸し風呂

 投稿者:ロックさん  投稿日:2017年 7月10日(月)09時42分1秒
  最近とはいわないが、物忘れやうっかりが大変多い、7月からの夏時間を忘れてて集合場所に今日は一番乗りと喜んでいると・・、5分前で一番はおかしいよねえ
暑い暑いといいつつ大勢の参加、皆さんMかなぁ

 梅雨空に 夏時間とは つゆ知らず
 

7/9 鳩吹山ウォーキング

 投稿者:Cotz-G  投稿日:2017年 7月10日(月)01時18分40秒
  今月から夏時間になった鳩吹山ウォーキング。
遅刻しないようにと目覚ましをセットするが1時間近くも早い目覚め。
齢を重ねると「明日は〇〇だぞ!」と、
脳ミソにインプットしておくだけでオーケーのようです。

集合場所の犬山遊園駅までは、途中コンビニに寄っても自転車で20分の距離。
ですが流石に夏真っ盛り、曇天と雖(いえど)も暑い!
自転車で風を切って走る涼しさよりも、漕いで出てくる汗の方が勝ってます。

駅に着くと、まだ出発前というのに「汗水漬」に。 今日は大変になりそーだ。
やっぱりというか、時間を間違えて出発に間に合わなかった人もいたようです。
そんな具合ですから本日の参加者が何人だったかも分からないまま出発です。

休憩の度に後先になりながら、鳩吹山頂に着くと3人に。
先行の数人は、定番?になった「泡々コース」に急ぎ下って、
直ぐに姿が見えなくなってしまった。
残った3人、暑いので後続を待つ気も無く、お一人様が「泡々コース」を
覗いて見たいということでご案内することに……。

真禅寺に下りてからも結構な距離を歩き、12時過ぎに近くのコンビニに。
「エネル源」を仕入れ、お店の前に来ると、リュックを背負った我々を見付けた
お店のママさんが「お仲間の人はもう……」と声を掛けてきた。
リュック姿の我々を、店内のおっさんのお仲間と見破るママさんの眼力は凄い?!
お一人様、店内へ。
残った二人は用事あり、残念ながら「電車の人」となった次第。

今日は2,500mlの水分をとり、タオル3本が汗でグチョグチョになってしまった。
着替えもできず電車に乗ったら、エアコンの風が「風邪を引きそう」なくらい
寒く感じた。
冷えた体に、家までの自転車の風がとても気持ち良かった(おかしいかな?)

花も無い夏の「鳩吹」はただ暑いだけ。次回は「せせらぎ」がいいなー。
 

五条川ウォ-キング岩見山コ-ス

 投稿者:2代目emperor  投稿日:2017年 7月 8日(土)17時30分5秒
  7月8日(土)晴 羽黒駅南-尾張富士-入鹿池畔-もみの木駐車場-五段の滝-岩見山-東海自然歩道、参加者7名、大宮浅間神社で2名は帰る。私は岩見山を東側から登る(地震観測所)シダの群生、杉の林新しい発見があります。鱒釣り場(キャンプ場)で、昼食、休憩、他の皆さんと一緒に、富岡、国分で反省会、Iさんも加えて更に盛り上がった。  

7/3 追加ウォーク 揖斐の天空の里 マチュピチュ

 投稿者:電ちゃん  投稿日:2017年 7月 8日(土)01時49分2秒
  先日7/3に 2回雨天中止になったところ
揖斐の 天空の里 マチュピチュへウォーキングして来ました
8名の参加でした

暑かったし 超初心者が参加したので
登山は止めて 里のみのウォーキングにした
遊歩道で絶景ポイントまで登って 腰掛けて俟ったりと観賞した
11時に予約した「上ヶ流」でお茶することになっているが
絶景ポイントA地点で11時になってしまった
11:25にお茶屋に着いて12:50までノンビリとした
お茶屋さんは楽しかった
お洒落なスイーツ 美味しかった
店の前の畑で・・・豆を収穫させて頂いた
皆さん夢中で収穫し楽しかったです
午後は林道で岐阜の見える展望台までウォーキング
1名は車周辺でノンビリした
モヤがかって街は見えなかった
下山は午前に登った遊歩道を降りた
再度、天空の里 を眺めて楽しんだ
結局 10:00~15:00まで
天空の茶畑を楽しみました
次回は雨天中止になったグループと再計画の予定です
新緑も深緑になってしまって初々しさが無くなります
でも茶畑はいいものですね
 

レンタル掲示板
/32